火薬御飯

Category :  イベント
tag : 
清水みなと祭りに海自護衛艦が来てくれるのは例年のことだが震災があったり周辺国が不安定になると当然の如く其方が優先される。自然災害が無く平和なら大型の戦闘艦も来てくれる。今年は2ヶ月連続!とわだ型補給艦「はまな」ましゅう型前級の大型艦!そしてついに海自最大にして最新鋭の護衛艦いずも 臨場!
●護衛艦いずも一般公開!!清水みなと祭り2018●補給艦「はまな」一般公開
これだけの大型艦になると入港できる港湾も限られてくるが清水港は戦前の昭和四年に連合艦隊の第一艦隊旗艦陸奥扶桑山城そして改装前の赤城まで入港したこともある充実した港湾。なにより 何十年も前からM8クラス地震発生が予告されている土地柄。救援をお願いする地元にとっては ありがたいプレイベントだ。
スポンサーサイト

テーマ:海上自衛隊 - ジャンル:趣味・実用

Category :  イベント
tag : 
静浜基地は航空自衛隊の滑走路のある基地の中で最も小さい基地だそうだ。そんな話も最近知った。一昔前ならその施設の概要や歴史を知るために本屋や図書館を漁っても(趣味なら尚更)一行一頁の情報を得るために膨大な時間と労力を要した。だいたい基地祭の広報を知ることさえ 運が良ければという程度だった。
T-7初等練習機T-3静浜基地. SHIZUHAMA AIR BASE. 2018年5月11日静浜基地60周年・焼津市大井川町合併10周年記念航空祭松基地Hamamatsu航空祭しずぽんファンクラブ創価学会焼津平和会館藤枝文化会館焼津黒潮温泉ホテルアンビア松風閣SHIZUHAMA AIR BASE第11飛行教育団T-3改航空自衛隊初級練習機
修学旅行の下調べでもするように この飛行場の謂れ等 多少なりとも頭に入れておくと視点というか見る目が変わってくる。さしてハイテクでもなく 民間の空港より狭くてやや古い滑走路からプロペラ機が離陸して行くのを追っていると歴史の1コマを見ている様で(戦中派の三代目くらいなのに)何か懐かしい気がした。静浜に常駐するT-7練習機は 前型のT-3のレシプロエンジンをガスタービンに換装したため離陸でも音は拍子抜けするほど静か。BGMは飛行機雲より紅の豚が良い。
F-15J 静浜基地. SHIZUHAMA AIR BASE. 2018年5月11日静浜基地60周年焼津市大井川町合併10周年記念航空祭ひそねとまそたん航空自衛隊ネッツトヨタ静浜大島創価学会清水平和会館藤枝文化会館焼津黒潮温泉ホテルアンビア松風閣自衛隊基地祭イベント静岡県エアフェスタ浜松2018浜松基地Hamamatsu航空祭JASDF焼津市上小杉1602
展示飛行は午前中の早い時間から 30分置きくらいに飛んで来る。スケジュールを確認しながら時間になると見通しが良い滑走路に出て 空いた時間に格納庫や地上展示を見学すると なかなか忙しく体力が要る。今年は機動飛行が ほとんど無く アフターバーナーを使わないローパスのみ。苦情でもあったのか?と訝るが普段(これも日本一?)静かな飛行場で年に一度のお祭りなのだから恩恵の多いお役所は説得してもらいたい。因みに この日の来場者は3万人と集客力も抜群。
静浜基地航空祭Shizuhama Airbase芙蓉部隊慰霊碑アツタ32型急降下爆撃機彗星一一型一二型水冷エンジン美濃部正Yokosuka D4Y焼津市上小杉1602航空自衛隊ネッツトヨタ静浜大島創価学会焼津平和会館藤枝文化会館焼津黒潮温泉ホテルアンビア松風閣自衛隊基地祭イベント静岡県エアフェスタ浜松2018浜松基地Hamamatsu航空祭JASDF
展示飛行が少々ショボいからといってクレームなど付けたら本末転倒。静浜は艦これで有名になった芙蓉部隊の訓練基地が淵源。自衛隊としては60周年でも静浜は70年以上前からある。空白期間に思いを馳せながら資料館をガッツリ見学。
アツタ32型水冷エンジン艦上爆撃機彗星一一型一二型芙蓉部隊慰霊碑美濃部正Yokosuka D4Y艦これ静浜基地航空祭焼津市上小杉1602航空自衛隊ネッツトヨタ静浜大島創価学会焼津平和会館藤枝文化会館焼津黒潮温泉ホテルアンビア松風閣自衛隊基地祭イベント静岡県エアフェスタ浜松2018浜松基地Hamamatsu航空祭JASDF Shizuhama Airbase
彗星艦爆のエンジン「アツタ32型」の展示も 多少キレイになっていた。稼働率の低かった彗星を整備し 特攻を否定して夜間攻撃を立案するなど芙蓉部隊と司令美濃部正少佐の功績は大きい。数年前まで この前で慰霊祭が行われていたが 熊本震災で航空際が延期になった2016年から見掛けなくなった。関係者の方も御高齢だからだろう。戦争は否定しても 賢明に生きた人々は賞賛されるべきだ。
スバル富士重工T-3初等練習機KM-2T-5静浜基地. SHIZUHAMA AIR BASEビーチエアクラフトT-34メンターMentorT-6 テキサンIIT-6TexanIIピラタスPC-92018年5月11日 静浜基地60周年焼津市大井川町合併10周年記念航空祭松基地静岡県エアフェスタ浜松2018浜松基地Hamamatsu航空祭JASDF Shizuhama Airbase
ハンガーに展示されているが このT-3初等練習機は実働状態らしい。米軍から供与されたT-34Aメンターから改良を重ねた堅牢な国産練習機。練習機は一般に使用が荒い。T-7と似ているがエンジン形式が全く異なる。海外では全ジェット化の流れもあるがプロペラ機は短い滑走路でも離着陸できることやストールやバードストライクに強く 気象や法令の条件も厳しい我が国では重宝がられている。
12式地対艦誘導弾SSM地対艦ミサイル陸上自衛隊Type 12 Surface-to-Ship Missile対艦誘導弾システムAnti-ship cruise missileエグゾセExocetトマホーク BGM-109 TomahawkハープーンRGM-84Harpoonブルーインパルス静浜基地60周年焼津市大井川町合併10周年記念航空祭
初めて見た12式地対艦誘導弾。奇しくも彗星艦爆と同じ任務を担うが 数十年の時を経て 無人で(より正確に)艦船を狙うことができる武器の進化に驚く。この装備が数台展開すれば尖閣諸島を短時間で「ナバロンの要塞」にすることもできる。
ブルーインパルス 静浜基地. SHIZUHAMA AIR BASE. 2018年5月11日 静浜基地60周年、焼津市・大井川町合併10周年記念航空祭 [JASDF] 航空自衛隊 防衛省
大鳥のブルーインパルスは今年も飛んでくれた。ただ空域に民間機が進入し2度ほど中断。演目の一部(たぶんハートの書きもの)が中止になった。たぶん静岡空港を発着する旅客機だろうが 双方とも飛行計画は事前に提出しているはずなので よほどヘタな民間パイロットだろう。国内線の機長なら危険行為で始末書もの。静岡空港に多い韓国か中華系民間機に違いない。空自パイロットを見習え。

テーマ:航空祭 - ジャンル:趣味・実用

Category :  イベント
tag : 
浜松基地所属のT-4マン然り コイツは好く出来ている。ヤワなコス衣装じゃ着ている傍から壊れてくるしネ。当り前だが家康君より強そう。ユーチューブに垂れ流せば北朝鮮あたりは(また)日本の新型機動兵器だ!ってパニクるかもしれない。
軽装甲機動戦士イタズマン板妻駐屯地Camp Itazuma第34普通科連隊(静岡連隊区歩兵第三十四聯隊)軽装甲機動車LAV(Light Armoured Vehicle)静浜基地航空祭橘周太中佐「橘連隊」ファミリーマート滝ヶ原駐屯地店ファミマ駒門セブン-イレブン陸上自衛隊板妻駐屯地店Shizuhama Airbase静浜基地60周年焼津市大井川町合併10周年記念
モチーフは陸自イベントではお馴染みの軽装甲機動車。装甲が薄いわけではなく最も小型の装甲車ということだ。名前はエスパーの特撮ヒーローと一字違いだが若い兵隊サンは たぶん知らないので問題ない。面構えは百式に似ているが肩のレターの「34」はシュワンツのゼッケンではなく 板妻駐屯地を拠点とする第34普通科連隊のこと。「橘」は その34普通科連隊の前身となる静岡連隊区歩兵第34連隊が日露戦争の遼陽会戦で善戦した橘周太中佐から取って「橘連隊」と呼称されたことが由来。戦時中は地域毎に徴兵され板妻や東富士で教練を受け満州に渡った…という話を 同連隊に徴兵された爺様から延々聞かされたのでよく覚えている。爺様も草葉の蔭で感涙に咽いでいるだろう。もちろん今の子供にも大人気。
静浜基地格納庫 SHIZUHAMA AIR BASE災害派遣2018年5月11日静浜基地60周年焼津市大井川町合併10周年記念航空祭ひそねとまそたん航空自衛隊ネッツトヨタ静浜大島創価学会焼津平和会館藤枝文化会館焼津黒潮温泉ホテルアンビア松風閣自衛隊基地祭イベント静岡県エアフェスタ浜松2018浜松基地Hamamatsu航空祭JASDF焼津市上小杉1602
ひそまその「格8」のような光景に胸が高鳴る。去年までクローズだった官舎前の古い格納庫が公開。はっきり言って物置だが災害時の救援や復旧機材が展示されていた。間仕切りは民間と違って恐ろしく頑丈そうな鉄骨や壁材。耐震どころか爆撃にも耐えられそうな構造。機密もあろうが公開してくれた。これぞ社会見学。

テーマ:ゆるキャラ - ジャンル:サブカル

Category :  イベント
tag : 
なぜこの飛行機が配備前から欠陥機呼ばわりされねばならんのか。軍用だが非武装の輸送機。熊本震災の救援輸送で大活躍。岩国に常駐するAV-8ハリヤーの初期に比べ 事故率は遥かに少ない。その新鋭機をキャンプ富士に見に来た。
MV-22オスプレイBell Boeing V-22 Ospreyキャンプ富士フライトラインフェスティバル2018在日米軍2018 Camp Fuji Flightline Festivalフレンドシップ・フェスティバル2018年5月5日(土)イベント静岡県御殿場アメリカ軍海兵隊U.S. Forces Japan USFJ陸上自衛隊富士学校・富士駐屯地滝ヶ原板妻駒門北富士
巨大なエンジンナセルと大径のプロップローターが物々しいが機体は小型輸送機といった面構え。それでも自衛隊も装備する大型輸送ヘリCH-47チヌークに比べ2倍の速度、3倍の物資搭載量、5倍の航続距離など 破格のスペック。それも通常の航空機とヘリコプターの 両者の特性を併せ持つティルトローターを実用化できた産物。その概念は戦前からあったが推力偏向時の姿勢制御が難しく21世紀に入ってやっと実用化。いわば設計者達の長年の理想を形にした「夢の結晶」だ。
MV-22オスプレイ富士山Bell Boeing V-22 Ospreyキャンプ富士フライトラインフェスティバル2018在日米軍2018 Camp Fuji Flightline Festivalフレンドシップ・フェスティバル2静岡県御殿場創価学会沼津文化会館米軍海兵隊U.S. Forces Japan USFJ陸上自衛隊東富士演習場富士学校富士駐屯地滝ヶ原板妻駒門北富士
主翼は厚く緩い前進角がある。ローターは自動で畳めて主翼を90度回転させると全幅が尾翼の幅くらいに収まって貨物船での運搬も可能。荷室口は機体後部で尾翼が高い位置にあるため搬入や空中投下も容易。主脚を収納するためバルジが両側にはみ出し荷室容量を確保する。小型機だが こうしたレイアウトは輸送機のそれだ。航空機は車と違ってデザインが全て機能に基づいて形作られている。
MV-22オスプレイ荷室カーゴベイBell Boeing V-22 Ospreyキャンプ富士フライトラインフェスティバル2018在日米軍2018 Camp Fuji Flightline Festivalフレンドシップ・フェスティバル2静岡県御殿場創価学会御殿場文化会館米軍海兵隊U.S. Forces Japan USFJ陸上自衛隊東富士演習場富士学校富士駐屯地滝ヶ原板妻駒門北富士
機体後部からカーゴベイに乗り込むところ。荷室扉がタラップになっている。実は軍用機に乗るのは初めて。周りに当然メリケン兵もいたが警戒するでもなくフレンドリー。マーケットガーデン作戦に向う101空挺師団の気分を体験させてもらう。
MV-22オスプレイ荷室カーゴベイBell Boeing V-22 Ospreyキャンプ富士フライトラインフェスティバル2018在日米軍2018 Camp Fuji Flightline Festivalフレンドシップ・フェスティバル2静岡県御殿場創価学会静岡葵文化会館米軍海兵隊U.S. Forces Japan USFJ陸上自衛隊東富士演習場富士学校富士駐屯地滝ヶ原板妻駒門北富士
機内にトム・クルーズ似の海兵隊サンがいたが記念撮影にまで応じてくれる神対応。そのため見学者一同終始上機嫌で好印象。目くじら立ててるどこかの県民が気の毒に思えてくる。反対運動なんか やめとけ。警備会社を儲けさせるだけだ。
AAV7:AAVP7(Assault Amphibious Vehicle,personnel.model7水陸両用強襲輸送車7型アメリカ海兵隊水陸両用装甲車アムトラック(Amtrak)LVTP-7(Landing Vehicle, Tracked, Personnel-7)タミヤプラモデルM2ブラッドレー歩兵戦闘車M2 Bradley自衛隊水陸機動団
アメリカ人は何をやっても絵になる。こちらも室内まで見学させてくれたAAV-7水陸両用装甲車。すでに自衛隊にも配備されているが 水陸機動団が創設されたためほぼ全て佐世保に行ってしまった。大型で舟艇にも戦車にも見える巨体は迫力満点。いかにも実戦装備の海兵隊車両は見ているとプラモデルを作りたくなった。
オシュコシュMK23カーゴトラック米軍MTVR(Medium Tactical Vehicle Replacement, 中型戦術車両後継型)MK25Standard Cargo Truck海兵隊キャンプ富士JSDF自衛隊いすゞ自動車73式大型トラック
アメ車は異様にデカい。オシュコシュ6tカーゴトラックは乗り降りに苦労しそうなほど大きくボンネット付で どことなくトラッドで妙にカッコいい。こうした汎用装備は民生品と共用があるため国情が現れる。甲乙の問題ではなくアメリカ風情を醸す容姿はそのテのマニアに大ウケ。自衛隊の隣りで異国情緒を漂わす不思議空間。

テーマ:尖閣・沖縄防衛 - ジャンル:政治・経済

Category :  イベント
tag : 
本日5月10日より開幕!早速サークル関係の方々やマスコミ関係が殺到。地元の議員の方まで行って下さっているのはウラヤマしいし喜ばしいことです。若年層の玩具的解釈から 一般の人も納得できる大衆文化に昇華したということでしょう。
静岡ホビーショー2018
詳細を云々いうとマニアックが過ぎますがタミヤが所謂キャラモノ(空母いぶき)に手を染めてくれたことは驚きです。もちろんタミヤの技術力あってのことですが あるいは出版社側から依頼があったのではないかと感じました。考えように寄っては極めて危険なタブーを犯した代物。無論モデラーにとってはこの上なく喜ばしい歴史的快挙。世界に誇る静岡の職人 タミヤの大英断に拍手喝采を惜しみません。
田宮俊作会長タミヤ(TAMIYA INC.)株式会社田宮模型社長プラモデル戦車ラジコンAFVミニ四駆川勝平太Heita Kawakatsu静岡県知事選挙Governor of Shizuoka Prefecture Incumbent文芸春秋「静岡模型全史」ホンダジェットHondaJet静岡ホビーショー2018Shizuoka Hobby Show静岡模型教材協同組合
その世界のタミヤの総帥田宮俊作社長兼会長は今年も元気に会場入り。静岡県知事の示す先にあるのはこれも地元に本社のあるホンダジェットの1/48タミヤ製プラモデル。知事サンも鼻高々。政策でもマスコミでももっともっと応援しましょう。
静岡ホビーショー2018Shizuoka Hobby Show株式会社ハセガワ (HASEGAWA CORPORATION )プラモデル鉄道模型ブランド(MODEMO)モデモ 1/12JKメイトシリーズレジンキット総静岡青年部長田中博行公明党静岡県連創価学会静岡葵文化会館清水平和会館焼津平和会館藤枝文化会館聖教新聞法華講顕正会長谷川勝人HASEGAWA静岡模型教材協同組合
焼津に本社のあるハセガワ社長と青年部長との対談。昔に比べて 子供がプラモを作る機会は少ないでしょう。模型の制作は確かに地味で根気が要るうえに時間の掛かる作業。でもその分プラモデルも進化を続け幅広い年齢層や女性でも作り易く興味を抱かせる文化になりつつあります。経験者の立場からいうなら 塗料や接着剤の臭気は既に皆無と言えるレベル。模型のジャンルも大幅に広がり 「作りやすさ」を追求した技術の進化は留まる所を知りません。なにより完成を想像しながら手作業で形作って完成した時の感動は年齢性別を問わず貴重な体験となるはず。私が子供の頃のように(徹夜しない程度に)ぜひ体験してほしいものです。

テーマ:静岡ホビーショー - ジャンル:地域情報

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

人気ブログランキングへ