火薬御飯

Category :  NEWS
tag : 
池田先生入信70周年となる2017年8月24日、先生が過去から今に渡り
静岡の同志に当てられた指導を中心にまとめた指導集「太陽の静岡」が発
刊されました。すでに手にとって 読まれた方も多いことと思います。改めて
静岡に対する期待の大きさと共に その使命の重大に打ち震える思いです。
「太陽の静岡」池田大作先生指導集聖教新聞社創価青年大会静岡総県Soka Gakkai International (SGI)SOKAnet聖教新聞創価学会静岡葵文化会館清水平和会館浜松研修道場日蓮正宗総本山大石寺顕正会法華講加納保加藤誠一朗富士桜自然墓地公園墓苑田中桂子小柳雄紀こみーすたいる公明党希望の党代表小池百合子前原誠司民進党解党共産党衆議院解散総選挙創価青年大会静岡総県Soka Gakkai International (SGI)SOKAnet聖教新聞創価学会静岡葵文化会館清水平和会館浜松研修道場沼津富士宮記念会館池田講堂日蓮正宗総本山大石寺顕正会法華講加納保加藤誠一朗田中桂子小柳雄紀こみーすたいる高田好浩高橋要司公明党希望の党代表小池百合子前原誠司民進党解党共産党衆議院解散総選挙速報
熱原法難に言及された「発刊の辞」に続き、近年の静岡に寄せられたメッセ
ージ等は新聞誌上には発表されておらず折々の御指南を順を追って読むこ
とができます。後半の随筆等は誌面の関係か若干編集されていますが「池
田大作全集」の索引と思えば便利な内容。読み進めていくうちに当然のこと
ながら大聖人の伊豆流罪や牧口先生の逮捕投獄など地元静岡に関わる数
々の法難史の中にあって先生は「一人ももれなく」との不退転の信心を強調
されているように感じました。使命が大きければ難も大きい。さらに 「獅子王
の心を取り出だし」 乱世の国土に金剛不壊の信心を確立していく決意です。
スポンサーサイト

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

Category :  NEWS
tag : 
静岡の幹部は逃げ隠れするのが巧いが 残念ながら私はヘタな上に趣味
でもない。だからこういう所を避けて通るのも苦手だし第一ビビる理由もわ
からない。年数ばかり自慢するが 私より年上でここを知らない奴はモグリ
か退転者なのか。昔を知る人なら観光と思えば懐かしさもあるに違いない。
日蓮正宗総本山多宝富士大日蓮華山大石寺三門改修工事日蓮正宗総本山大石寺富士桜自然墓地公園桜墓苑創価学会静岡葵文化会館(葵総区)静岡文化会館静岡平和会館(駿河総区)清水平和会館(清水総区)加藤誠一朗富士宮池田文化会館(宿坊の掲示板)Soka Gakkai(SGI)公明党静岡県連SOKA‐net壮年部青年部日蓮正宗大石寺法華講顕正会
自家用車で日帰りが多かった地元にとっては此処バスターミナルは意外と
馴染みが薄かったが 私は本山担当の時「常来坊第一班」だったので この
周辺は頭に入っていた。学生部創価班だった大学4年の卒論製作中に「月
末担当」を仰せ付かって本山に向ったのが昭和64年1月6日。翌日正本道
の前で観光客の相手などしていたら昭和が平成に変わった。就職後 転勤
等もあったが「バス担当」等を含め 一通りの本山外護の赤誠を真っ当して
きた。「魂の独立」から25年ということだが その前年,先生の「大講頭罷免」
と「解散勧告」の頃から既に疎遠に成り始めた。その後 本山や墓苑に行け
なくなることを危惧し寝返った者も多い。実際法華講員もかなり動いていた。
日蓮正宗総本山大石寺富士桜自然墓地公園桜墓苑創価学会静岡葵文化会館(葵総区)静岡文化会館静岡平和会館(駿河総区)清水平和会館(清水総区)加藤誠一朗富士宮池田文化会館(宿坊の掲示板)Soka Gakkai(SGI)公明党静岡県連SOKA‐net壮年部青年部顕正会日蓮正宗大石寺法華講
少なくとも静岡市では法華講員は折伏に歩いている。選挙や新聞啓蒙のな
い(機関紙はある)法華講員は 純粋に折伏が化他行の主体となる。この点
では信仰心と実動力は優れている事を認めざるをえない。だがその法華講
の折伏精神や細かな実践方法、また勤行や教学の習慣まで教え広めてき
たのは紛れも無く創価学会と歴代会長だ。脱会して法華講に改宗した者の
言い分は「組織や幹部が気に食わなかった」というのが圧倒的だった。これ
は私も認める。静岡の幹部の質は ”お話にならないほど” 悪い。だが それ
も 本山の門前にあって逆に求道心が弱く 金儲けの御用商人を蔓延らせた
ことが原因。むしろ そうした悪縁に負けて恩義を忘れ 安直に本山に頼り添
うことこそ「魔」に負けた姿ではないか。信仰者の姿勢や,時に即した布教の
在り方まで実は学会が編み出した方法を法華講が持ち帰ったものだ。小才
な婆羅門に行を妨げられ,本義を離れては一生成仏も三変土田も叶わない。
日蓮正宗総本山大石寺富士宮法華講静岡葵文化会館(葵総区)静岡文化会館(駿河総区)清水平和会館(清水総区)富士桜自然墓地公園墓苑加藤誠一朗創価学会富士宮池田文化会館(宿坊の掲示板)Soka Gakkai(SGI)公明党静岡県連SOKA‐net壮年部青年部顕正会正信会妙観講
往時に比べれば殺風景になったが花見ができなくはない。教義上無関係に
なったというだけで私自身もここ富士宮に友人がいる。本来なら富士宮の墓
守の小倅が真っ先に立ち向かうのが筋だが 奴は老い先短い太陽会の頭目
にまで居座り商売に夢中。御書に こうした商売に躍起な宗教家を 「禿人」と
称しているが その容姿まで体現して気味が悪い。脱講は書類を増やすだけ
の作業ではない。折伏は所詮地味な作業だが 誰もやらなければ俺がやる。

テーマ:日蓮正宗法華講 - ジャンル:学問・文化・芸術

Category :  NEWS
tag : 
静岡市は住みやすい。住みやすいが栄えているというほどでもない。だか
ら有権者の意識も高くないが行政にとっては予断を許さない。人口の流出
が続くと税収が減るからだ。確かに…年寄りは平穏なほうが住みやすいと
思うだろうが若者は刺激や機会を求めて都会に行ってしまうかもしれない。
興津川清水市小島町静岡市清水区小島本町不動産宿漁協鮎解禁キャンプ桜花見橋小島小学校おすすめ観光グルメ但沼庵原両河内中学校穴原学園創価学会清水文化会館身延山久遠寺天理教Minobu-san Kuon-ji-Temple日蓮宗Nichiren山梨県japan travel sightseeing富士山静岡市東海道線JR興津駅国道52号線新東名IC静清バイパス国道1号線
この辺りの決済は首長の責任だが静岡はそれが遅い。市議や県議は地元
との折り合いを付けねばならないがこの決定力不足が気苦労の元になって
いるのは想像に難くない。都市部はもとより待った無しの状況にある地方都
市のほうがその辺りは早い。住みやすいが故に重要案件を何時まで経って
も決められずにいると 更に住みやすくなった他の地域に身軽な若年層から
順番に転居されてしまう。流出が止まらないなら せめて戻ってきてもらえる
環境作りと 情報発信よりも寧ろ検索し易さを重視した政策を取るべきだろう。

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

Category :  NEWS
tag : 
2017年静岡市議会議員選挙投票日は3月26日。今回葵区駿河区両方
でそれぞれ一名づつ新人候補に交代するため知名度に勝る前任と間違わ
れないよう(期日前投票所や日程等も)応援する側も留意するべきでしょう。
葵区選挙区【長島ごう】創価大学Soka Univ(ながしまごう)山本あきひこ(やまもとあきひこ)2017静岡市議会議員選挙候補公明党静岡県連本部都議会議員選挙創価学会静岡葵文化会館小柳雄紀瀬戸祐希共産党民進党日蓮正宗教法華講顕正会幸福の科学東京都議会議員創価大学企業芸能人政策都民ファーストの会2017年静岡県知事選挙投票期日前不在者馬居喜代子うまいきよこ岩崎良浩いわさきよしひろ
駿河区選挙区【加藤ひろお】加藤博男(かとうひろお)静岡大学院井上ともひと(いのうえともひと)静岡市議会議員選挙候補公明党静岡県連本部都議会議員選挙小柳雄紀瀬戸祐希共産党民進党日蓮正宗教法華講顕正会幸福の科学東京都議会議員創価大学企業選挙管理委員会都民ファーストの会2017年静岡県知事選挙投票期日前不在者馬居喜代子うまいきよこ岩崎良浩いわさきよしひろ
選挙の争点は震災直後の前回の防災対策から人口減少や地域活性化に
移ってきました。物理的対策が難しいため曖昧になりがちですが 特に御高
齢の方々始め 漠然とした将来不安や閉塞感を打ち払っていく必要を 日々
肌で感じる気がします。各候補共「事務所開き」や遊説など 支援体制固め
も近いことと思います。投票終了時まで絶対無事故で挑みたいと思います。

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

Category :  NEWS
tag : 
歴代最も無能な事務総長パン・ギムンがやっと任期を終えた。シリア問題
への米国の早期の介入に反対。分担金さえ滞納しながら自国民を多数登
用。名誉称号の収集に執着した小役人に世界秩序は徹底的に破壊されテ
ロや格差への不安は止む事がない。国連の役割の見直しは喫緊の課題。
アントニオ・マヌエル・デ・オリヴェイラ・グテーレス国連事務総長ポルトガルAntónio Manuel de Oliveira GuterresSecretary-General of the United Nations UN 国際連合難民高等弁務官(United Nations High Commissioner for Refugees UNHCR)潘基文パン・ギムンBan Ki-moon반기
第9代国連事務総長アントニオ・グテーレスはポルトガル人。難民高等弁務
官出身という今に最適の逸材。また彼の母国語を公用語とする国も南米中
心に多く 有利な点かもしれない。持続可能な開発目標(SDGs)の一環とし
て「難民の地域貢献」なる新しい政策を打ち出した。紛争解決等の積極的介
入から受け皿作りにシフトした感もあるが貧困問題の解消にも繋がる新しい
スタンスに期待が集まる。残念ながら我が国は 合衆国に足並みを揃えざる
をえない。米国が繁栄しなければ恩恵も少ない。一方で難民問題に壁は高
く 受け入れ体制も全く整っていない。それでもアジア圏の目覚しい発展と安
定に我が国の寄与するところは大きく期待も大きい。先進国と言いながら人
道も常識も持ち得ない中韓に比べ国連が我が国に期待する処もまた大きい。
「老子道徳経」「上善如水」上善は水の如し:最上の善は水のようなものだUN国際連合事務総長パン・ギムン 반기문 Ban Gimun Ban Ki-moon 第44代アメリカ合衆国大統領をバラク・フセイン・オバマ2世 Barack Hussein Obama IIノーベル平和賞潘 基文
「上善若水」は老子道徳経の一説で「上善は水の如し=最上の善は水のよ
うなものだ」と訳され 「争わないことが最善」との大意らしい。元々「水」は器
に合わせ形を変えるため 「相手によらず分け隔てなく接する」との意味もあ
るがパン・ギムンは無論前者に当る。老子はその存在自体に不明な点が多
いばかりか現実逃避的な趣旨のため 論語・孫子ほど用いられることは少な
い。争いを避け続けて招いた今日の結末に強権が望まれるのも止む無しか。

テーマ:国連問題 - ジャンル:政治・経済

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード