火薬御飯

Category :  イベント
tag : 
前回東北(蔵王)でのKROGミーティングが2000年だった(らしい)ので
実に9年ぶりの東北遠征となった。 個人的にも東北は夏場でも比較的
涼しく、温泉や飲食ネタにも事欠かないため、旅行先としても大好きな処。
touhoku121.jpg
石巻サンファン館に集結のKR。東北支部ミック氏の精力的活動と人望の賜物。
東海…も見習うべき、否、見習え!ってオレ?
ここサンファン館の由来がそうであるように 東北の方って行動派が多いです。

その地元スペシャル副長閣下の金色の闇…ではなく百式仕様KR。前夜祭にて。
touhoku057.jpg
蔵王の頂上でこのKRを見た時「ネイキッドもイイなぁ」と思って…自分もやった。
つまり私のKRのモデルとなった一台でもある。こちらも十数年ぶりの御対面。

当日 昼食場所での会長号とミック氏のKR。前期+後期の黒赤、以外と希少。
touhoku158.jpg
漁港なのですが 何気にキレイな所。御膳立てが完璧で観光も満喫できました。

東北支部の方々を始め 所謂”常連”ではない皆さんは 単機でKRを長く乗って
いらしゃるわけですが、この方々の改良点や小技等は大いに参考になります。
さすがに20何年前の固体は「大切に乗る」だけでは維持できません。この辺は
KRに限らず古いバイクや四輪に乗っている者が腐心し共感するところです。

スポンサーサイト

テーマ:KR250/KR250S/KR-1 - ジャンル:車・バイク

Category :  ツーリング・旅行
tag : 
就職した当時、石ノ森章太郎のマンガの読みすぎだと激しい罵声を浴びた。
別に仮面ライダーを見て悪の組織に就職したのではない。
まあ、結果は似た様なものだったが、マンガとは人に少なからぬ影響力がある。
↓そんなものがあるとは知らなかった石ノ森萬画館。性懲りも無く帰りに寄った。
touhoku079.jpg
ウチの近所にもガンダム工場とかタミヤ博物館とかあるのだがまだ行ってない。
いつでも行けるから…なのだが 旅先の名所の観光とは斯くも恭しく有難い。

作家に限らずメジャーになる人に田舎者地方出身者は以外と多い。「幼少期に
馴れ親しんだ気候風土が豊な感性を育んで…」、という行もよく目にする処だが
満更外れてもいない…気がする。最近読んだ本では水野和敏氏が長野生まれ
で子供の頃のことなど述懐していた。…以外、などと思ってしまうが。

「ショボい痛車だなぁ!」等と云う無かれ。これは「営業車」だ。
touhoku170.jpg
がんばれロリコンロボコンの”原作版”だ! 原作は オバケのQ太郎の
ように脚が短い。 TVでは実写版で全盛期のホームドラマ風だったが、
原作は家族と仲の悪いダークコメディだった。…サンデーで読んでた。

当時 石森章太郎氏は少年サンデーで連載を2本持っていた。
仮面ライダーアマゾンキカイダー01なら子供にでもわかったし、
原作は設定やストーリーがかなり違うのでテレビと両方で楽しめた。
遂にはゴレンジャー+ロボコンのギャグマンガまで連載してくれて
毎週楽しみにしていたのを憶えている。(大昔の話だ…)

さらに子供にもわかる事だが、一冊に2本の連載とは忙しい。
しかも一作毎の項数も多い。「この作者は仕事をしてる!」と思った。
touhoku172.jpg
↑「…そういえばそんなマンガ(番組)もあったっけナぁ。」的に見ていると
自分の脳味噌に穴を開けられているような不思議な感覚に襲われる。
「これって、この人(石ノ森)の作だったんだ?」ってのも多かった。
概視感をムリヤリ引っ張り出されている様だったが、暫し立ち止まる。

 70年代のついでに言うなら スーパーカー・ブームという流行があった。
一戸建ての数倍のお値段のド派手な外車を間近に見て思っていたのは、
どんな人がこんなスゴいものを創ったんだろう?という事だった気がする。
いま此処に来てまた一つの回答を得た気がする。下手に解説すると逆に
抽象的になりそうだが、「そんなふうなモノだったのか」という程度だが。

テーマ:聖地巡礼 - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  ツーリング・旅行
tag : 
今年の夏はクジラを食ってきたぞと自慢してやろう。
何処ぞの怪獣か巨人が、手掴みで捕って浜辺で貪り喰っていた様でカッコイイ。
刺身もあったが 無難な処でカツを頼んだ。之は魚に非ず。アントレ(肉料理)だ。
kujira145.jpg
グルメというほどではないが、これなら度々出されても飽きない。昔はよく食べて
いた(給食にもあった)そうだが、決して贅沢なものではなかったはずだ。
最近は欧米人共の中傷のため遠のいてしまった。カエルやカタツムリを
高級食材と称している輩に云われたくはないわな。

食堂の外に見えるのはおしかホエールランドと展示物の捕鯨船。
touhoku147.jpg
キャッチャーボートという小型船だそうだが、近づくとかなりデカくて驚く。

土産物屋。剥製や魚拓を売っている? 持って帰れないので寄らなかった。
touhoku148.jpg
漁港のはずだが、たいへんキレイだ。焼津港や清水港とは比べ物にならん。

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

Category :  ツーリング・旅行
tag : 
 5年前は原付で下道ツーリングをしていたことを思うと、今回はほとんど
高速道路。正に贅沢の極み。しかも久々の東北道。 道路オタクの小生は
本州の果てまで繋がっているこの道に無上の浪漫を感じずにはいられない。
touhoku008.jpg
過去に2度ほど青森迄丸一日掛けて走った事があった。一度目はFZ250。
二回目はFX400Rで北海道へ渡った。随分古い話だが、今回のバイクは
何故かその時よりさらに低年式。そして今回の目的地は仙台を経由して
三陸道の石巻なので、青森迄の約半分の距離。それでも不安はある。 

静岡からここ浦和料金所までが都内の下道を入れて約200km、3時間。
ここ浦和から仙台で分岐、石巻まで行くと、ほぼ2倍の400kmとなる。
現在、正午なので夕方18時くらい到着か?と計算するが…。 あくまで
計算なので。  まあ、とりあえず行ってみましょうか…。

川口に住んでいる時はよく走った東北道。そりゃそうだ、地元だから。
料金所も、そこからの4車線も昔とあまり変わっていない。これも当然。
何となく懐かしい気がして、走り出してすぐの蓮田SAに寄ってみたりする。
touhoku009.jpg
昔に比べたらバイクは減ったなー。 20年くらい前なら 夏は8耐か北海道が
トレンドだったから、荷物やバックを満載した長距離ツアラーも随分多かった。
ヘンに混みあうのも好きではないので、このくらいが調度イイのかもしれない。
4輪の駐車スペースは、他が出るのを待ってるくらいごった返しているのに、
2輪用は御覧の通り、余裕。しかも屋根付き。炎天下 これはありがたい。

サービスエリアはキレイになった!マジで。
昔は、国鉄の駅もそうだったが本当に汚かった!トイレは臭くて飯は不味い!
だから、何処でもタバコが吸えた。昔は食堂で寝ている人もいた!…いやぁ、
全く、住み難い世の中になったもんだ…と、いうのはジジイの愚痴。

埼玉から栃木に近づくにつれ、平坦な田畑が丘陵地に変わってくる。
佐野SAにて給油。静岡から270km。満タンで300kmは余裕で走れるが、
ガススタの店員は(零さないように)若干少なめに入れるクセがある。
ガソリンタンクのスペックだけで計算すると 後でヒドい目に遭う事屡。
touhoku026.jpg
バイクの駐車場はガラガラなのに 四輪用の方はミニバンが空いている所を
探して行列をつくっていた。一台出たらそこに入るのパズル状態。御愁傷様。

宇都宮辺りから3車線が2車線になる。鹿沼付近が渋滞の名所。
touhoku032.jpg
東北道は東名に比べカーブに緩いバンクが付いているように見える。
Rの大きめのカーブに適度なアップダウン。しかも見通しが良い。
だから走っていて楽しいし、快適だ。幸い渋滞もまだない。

栃木県内 那須塩原ICを過ぎた辺りで、タイヤバーストした車を
見てしまった。 急に自分のバイクのタイヤが心配になり始める。
最寄の黒磯PAに逃げ込んだ。PAがそのままコンビニになっている。
touhoku037.jpg
オニギリ2個の遅い昼食。時間は午後3時近い。ちょっとゆっくり来すぎた。
ここから少しだけペースを上げた。まだ福島を通過しなければならない。

SAはやはり込み合っているが、PAなら多少は空いている。 そろそろ給油も
しなければならなかったので宮城県内の菅生PAに寄る。午後5時を回ってる。

仙台南ジャンクションから 仙台南部道~仙台東部道~仙塩道路~仙台松島
道路と、走り続けてきた。だいぶ日が傾いてきた。さすがに顔に疲れが出ている。
touhoku041.jpg
石巻まで あと2~30kmくらい? 初めて走る道は距離感が狂って妙に長く感じる。

昔、北海道に行った帰路 三陸海岸から石巻を通って仙台まで来たことがある。
ただその時は夜だったので、今回通って見憶えのある景色や場所はなかった。
その当時は 走った距離や燃費を計算してメモしていたが、最近はまずしない。
代わりに 休憩した時に場所と時間などを携帯からPCにメールで送っておいた。

有料道路の終点 鳴瀬奥松島。金を払う時思う。早くETCを付けたい。
touhoku046.jpg
真っ暗ってわけじゃないから…、この日の走りは合格点!

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

Category :  ツーリング・旅行
tag : 
一泊はここ数年行ったことがなかったので、かなりワクワク…?
いや多少不安だな。実際バイクが古いのでオーバーヒート等が心配。
まあ、時間的には多少余裕を持ってるが 何せ週末の渋滞は凄まじい。
Map3.gif
できるだけ気温の低い深夜早朝に山間地を行こうとも思っているが、
ヘタに下道を使うより、高速道路の上なら渋滞しても多少は動く。
ただし、東京都内には できれば入りたくない。
高速道路のルート検索によれば、石巻まで580km、≒約600kmだ。
7月に行った岐阜の郡上八幡までが300km。ただし時間は余裕がある。

今日も整備(フロント周り等)をしていたが(経験的に)あまり触らない
ほうが良い時もある。 明日の夜、出る。

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

Category :  オートバイ
tag : 
 3年ほど前に 真夏にお台場に行った時の写真。
行きは高速を使ったが、最高速度105km/hなのでちょっと怖かった。
帰りは下道。因みにノーマルTWは100kmは出なかったと記憶している。
tokyo2.jpg
年式は86年型くらい?かな。最近のスクーターは無駄にデカいが、
これは必要充分な大きさ。後期型はメットインでさらに良くなった。
下道ではかなり速い。加速ではマジェに勝つ事もあった。

通勤などには便利そうだが、ツーリングで 多少距離があると
中途半端に粗が目立つ。当たり前だが、原付より置場も取る。
…で、知人に売ってしまったが、無くなると欲しくなる一台…。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

Category :  アニメ・特撮・映画
tag : 
「もう一度今日をやり直す機会があったら…
 掛け金の設定を是非とも憶えておこう…。」

…って、やっと!終わったぁ~!ってのに。

何を意図したのかはわからないが、計8回、約2ヶ月近くに及ぶ
空前の堂々巡りは、キョンの最後の一言のためにあったも同然。
suzumiya903.jpg
ま、小説(ラノベ)や漫画じゃ、このクドい演出はできないだろうし。
穿った見方をすれば ハルヒという作品自体にも宿命的な設定の
パターンがある。キャラも舞台もこれ以上変わらない。
無論それが良いところでもあるわけだが…。
少なくともラストのキョンはいつもとは違う動きをしてみせてくれた。

キョンが初めて主人公っぽい動きを見せた。(イイぞ!)
逆にハルヒは”いつも通り”を繰り返す偶像だった。

回を追う毎に暗く重苦しくなっていったように見える。
それほどこのエンドレスの堂々巡りというか悪循環のようなモノは
抜け出せないということだろう…。

エンドレスが終わった記念に一枚。実はハルヒの痛車は以外と少ない。
P1010345.jpg
しかもさらに以外なことに長門が一番人気。綾波と被るからか?
お約束キャラの朝比奈は皆無。同人ではこの関係は逆転する。

テーマ:涼宮ハルヒ - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  痛車
tag : 
久々にHPを更新してみました。 今年3月に行ってきた
富士スピードウェイ モータースポーツドリーム2009等。

先月の萌ミはまだです。…というのもサーバの無料枠が少なく
なってきてしまったので 移転を考えています。もう少し広い所へ!

萌ミには痛バイもかなり来てらっしゃいました。大いに参考になりますた!
moemi0226.jpg
自分でもやってみたからわかるのが痛バイってなかなか難しい!って事。

改造もそうなんだけど、…そりゃ有名なショップに丸投げして「4649!」って
手もあろうが、先ず自分が何をやりたいか?題材や主旨を決めねばならん。
次に問題なのが、四輪に比べて貼れる場所が小さいという事か。

今回、自分は取り急ぎというのもあったがけいおん!で行った。
かなり流行っている、というのもあったが、なにより…
静岡でも見れる数少ないアニメ、だと
いうのがポイント。 周りの人が全く知らないのは酷い誤解の元になる。

なにしろ灼眼のシャナも、総理大臣も知っているローゼン・メイデン
放送されなかったのだ! そのわりには絶対可憐チルドレンなどという
超エロいアニメを戦隊モノと同時間帯でタレ流していた。静岡イミフ。

…という田舎のことなので、痛バイやってキチガイ扱いされない程度に。

テーマ:痛フェス イベント - ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード