火薬御飯

Category :  アニメ・特撮・映画
tag : 
 タイトルとは全く関係のない、サービス満載の神回!
全国大会前の特訓(という建前)のための合同合宿だったが、
県大会の時の様な神憑りな討ち合いは全くナシ!それでイイ!
saki25-004.jpg
ギアスによって妄想を見ている京太郎。高校生としては当たり前なこと。
前回は”夏の海”だった。実は留守番(カワイソ!)ネット麻雀で対戦中で
黒執事にボコボコにヤラレる死神状態。
saki25-008.jpg
この数少ない男キャラ、以外と好きだ。しっかりボケをカマしてくれる。
彼らがいないと全て百合のカップリングハーレムアニメになってまう!
saki25-010.jpg
風越キャプテンは清澄部長か? モモは全国大会になると出て来なくなって
しまうので、あとはDVD特典にでも期待するしかない。個人戦にキャプテンが
出てれば、池田やドムは応援に(オマケとして)ついて来ることになる。

それにしてもこの2人は何やってんだ! 毎回!
saki25-019.jpg
いけません!そ、そんな不純な!同人にネタを提供するだけじゃないか! 
まさにどーぞ、ネタにして下さい、御主人様!と云わんがばかりの構図。

この神社、新たな聖地になるぞ!
スポンサーサイト

テーマ:咲-Saki- - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  ,かなめも
tag : 
最終回、「いやぁヨカッたですョ!」とか言いたいところだが 実は
よくわからないまま来てしまったのが本音。 これは 私のような
頭の硬いオイボレには味わう事が難ったという意味?…いや違う!
200909222023532d3.jpg
内容よりも シャナルイズナギ の様(理想的!)な
久地院ミカちゃん萌え萌え(←死語)だっただけ!
ツンデレ系が多いくぎゅに 百合系はかなりめずらしい。それだけに希少。
とにかく例のノリで ブっ飛ばしてくれれば、他はどーでもいー!と思う。
…いや、でもそれじゃ番組みてないし。内容がわからないのも当然。

…だってこの頃、くぎゅの役は”魔女の手下の魔物”とか”鎧の弟”とか、
ガンダムでは”殺人マニア”みたいなヘンなのばっか。(わるくはないが)
nena03.jpg
ネーナ・トリニティ。こいつの無差別殺人でルイス・ハルビィがコワれて…、
00セカンドの難題のほとんどは この巨乳女の気まぐれが発端だった。
微妙にキャラ被ってね?ないか…。やっぱ、おれ慢性…病だわ。
曰く、死んじゃえばいいよ …ハイ。

 
同人イベントはまだあるぞ→ 11月22日「よんこま文化祭」

テーマ:かなめも - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  四輪
tag : 
欧米ではこうしたコンセプトカーやプロトタイプが公開されると
大富豪らから一斉にオーダーが入ることがあるらしい。正直、
お金持ちの心理というのは私如き貧乏人には図りかねる。

まだ走ってもいない(量産・市販されていない)クルマに大枚を
叩くという。 誰も持っていないのが良いのか、もともと日常的に
乗り回すわけではない(税金逃れ?)から、走らなくてもイイのか。
1249280287177.jpg
ただ、金が腐るほどあって 賃貸ではない屋根付きガレージがあったら、
一台持ってみたい!という衝動に駆られる。ヘンな庭園なんか造るより
絶対カッコイイ。インテリアかもしれないが骨董品とかと違って 誰にでも
わかりやすい。応接室とも違って雑談しながら移動もできる。

マセラッティ・ブーメランというクルマは名前くらいしか知らなかった。
ただボーラメラックのように一定の台数生産され市販された車では
ないことだけはわかっていた。…というか深く考えたことがなかった。
未来的…とかいうより高級ブティックのショーウィンドのように見える。
そのココロは、”高嶺の花”いや”触ることができない”というところか。

確かにクルマは「走ってナンボ」のツールかもしれないが、走らなくても
或いは「走るかどうかもわからない物体」でも、それを欲しいと思う人は
いるということだ。こういう価値観を頭から否定してしまうのは貧乏人の
僻み根性以外の何ものでもない。

これを設計し製作した職人達は それほどの金持ちではなかった、いや
むしろ労働者階級だったはずだ。それでも「金持ちの欲しがるモノ」を
創り出すことができた。価値の創造という概念があるとすれば、そんな
ものではないか。…というか、”労働者の見方”、”貧乏人の味方”。

テーマ:イタ車 - ジャンル:車・バイク

Category :  ミリタリー
tag : 
 昔はなにか一つの事を調べるにも本屋を何件も回って
高価な洋書を(買えないから)立ち読みしていたものだが、
今はかなりマイナーな海外の話題でも瞬時に取り出せる。

これもその一つ、フォーランド・ナット。 マッチボックス社のプラモの
説明書(英語)を英和辞典を片手に読んではふり仮名をふっていた。
インド空軍は有名だが フィンランドに配備されていたのは初めて知った。
gnat01.jpg
イングリッシュ・エレクトリック社で ジェット戦闘機ライトニングの開発に
携わったペッターがフォーランド社に移って開発した小型戦闘機。
インド・パキスタン戦争でF86セイバーを圧倒したという武勇伝に熱くなった
ものだが、多少誇張されていた事もいかにも”戦史”らしいと今では思う。
後に英国空軍のアクロバットチームで使われたり、映画”ホットショット”
実際 飛行していたのをみると、機械的な信頼性は高かったのだろう。

戦闘機とは文字通り戦争の道具だから、伊達や酔狂はでないはずだが、
およそ”国家の威信”という意地や見栄が掛ってくると「なんじゃこりゃ?」的
かなり奇怪な飛行物体ができあがることがある。特に英国はそれが顕著だ。
Lightning002.jpg
この時代のテーマは”超音速”。とにかく”スピード命”。あとはどうでもイイと
いうくらいの国威発揚的な用兵哲学があった。名前は”稲妻”か電撃”だし。
ナットと同じペッターの前作となるライトニングは、実験機を実用化させたと
いう点では、後のホーカー・シドレー ハリアーなどに生立ちが似ている。

縦型双発という他にはない動力配置は、機体表面積の減少のためだった
らしいが、そのため胴体のほとんどがダクトとエンジンに占められている。
後退角の大きい主翼にしたかったが離着陸性能等を考えて三角翼には
できなかった。結果 燃料タンクが確保できず、フラップにまで燃料を入れ
後々は胴体下に膨らみを設けざるをえなかった…のカタチがそれだ。
主脚の位置をみればわかる通り 爆装もあまり期待できない。 それでも
インターセプター(迎撃戦闘機)としての評価はまあまあ良かったそうだ。

ただナットに比べると、いかにもツギハギだらけの”やっつけ仕事”的な
設計に見えてしまう。設計者のペッター自身もその完成を前に辞してし
まっている。遥かに潤沢な予算が与えられた”国家プロジェクト”だった
はずだが、なぜか"作品として"の設計者の苦悩をみる気がする。

テーマ:飛行機 - ジャンル:趣味・実用

Category :  クイーンズブレイド
tag : 
がんばれ ホビージャパン!
特に意味なし。
夏に疲れたら、秋の夜長はやっぱこういう壮大な糞アニメに限るぜ。
a24l.jpg
QBと恋姫†無双 さえ見れれば、涼宮が再放送だろうが、シャナの3期がいつに
なろうが、いっこうに構わん! 凝った話にも期待していないし、あえて言えば、
無駄に豪華な声優が 徹底的にバカを
やってくれれば、我が人生に一片の悔い無し!思い残す事は何もない!

 前作の説明的な始まりだな。沼地の魔女の手下と戦うために、
ほとんど偶然集まってしまった戦士達が 結局ガイノスに入城して
QBの参加者になってしまう。その一人一人のキャラの説明か。
前作のような”旅の途中”ではなく、既に場所は動かない。
すると”正式な闘技”でなく、裏の妨害合戦がメインになりそう。

前回OPでほんのちょっと登場、ラストまでほとんど出て来なかった
アルドラがいきなりフラグを立て始めた。…と思っていたら先行した
くぎゅがやられてしまった!因縁の対決、これで終わるはずはない。
685a68c6.jpg
どちらもほとんど妖怪なのに、このシーンに注目してしまった!
かのこんつるペタ狼焔髪灼眼の討ち手を封じ込めてしまう。
つるペタ狼の背後になにかいるのだが…あまり考えない。

注目はやっぱり悪役3バカモンスター。アイリが人気だが個人的にはメナス。
ZMXZ-4781_3.jpg
エヴァンゲリオンを見て、これを見ると大笑いできる。
マダオ、仕事選べ!

テーマ:クイーンズブレイド-玉座を継ぐ者- - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  アニメ・特撮・映画
tag : 
県大会の終了し、個人戦の勝者が(ほぼ予想通り)決まった。
テニプリだと次は関東圏予選かブロック戦なのだが、さすがに
そこまで大量の女子高生雀師は長野県近辺には居そうもない。

咲の姉がチラッと出たところで、次は全国…ということになりそうだが…
俺の嫁!モモは?もう出て来ないの!?
sukumizu-003.jpg
スク水モモが出たところで、打ち止めの予感。モモの約束、
加治木(先輩)と海に行く!という、女子高生のイケナイ夏の思い出
契約完了してしまう!(…まさか「つづきはDVD特典映像」とか?)
仕方ない…、というかモモの属性”ステルス”は団体戦用だから
鶴賀が敗退したところで、終わりといえば終わりだった。(クソッ!)

「夏祭り」とは、まだこのは終わっていませんよ!という御断り回
だと前向きに解釈した。モモが出るなら、8回やっても
延々加治木との百合デートシーンでも、たぶん見る!

テーマ:咲-Saki- - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  アニメ・特撮・映画
tag : 
ジャンプのほうでは既に新作が始まっているのに
前作がこんなに盛り上がってしまっていいのか?(もっとやれー!)
オマケに、これ星人指定…いやそれ以上にヤバい!少年…プだぞ?!
soako07.jpg
パンをくわえていれば完璧な図。繋ぎ合わせれば「安藤そあこの冒険」
ができあがるぞ。限定なんてセコいこと言わずに、セカンドにしちまえ!
だがDVD的には成功だな。”特典”としての価値は充分過ぎるほどある。
5~10分番組をちびちび挿入しているのが(特典らしくて)またイヤらしい。
[Read More...]

テーマ:初恋限定。 - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  ,かなめも
tag : 
 原作を知っていると、どうしても比べてしまうのは世の常。
また同系列の雑誌に例のけいおん!があるため、ついつい
比べてしまうのも、少々、いやかなり酷な気がしないでもない。

TV版は原作に比べるとちょっと”凝り過ぎ”かな?(めもー)。
なにかヘンに”イイお話”に持って行こうとしている様な…気がする。
主人公が”カワイイ”を通り越して痛々しいくらいで、見ていて疲れた。
もとが4コマの作品は、やはり小ネタの連発が常套手段というもの。

そのせいかはしらないが、本編外のクレジット等が凝っている。
↓出た!いとうのいぢだ!…「こっちのほうがイイ」とか思ったり…。
20090922202352cbf.jpg
いいや、他にもそう思っている奴はきっといるはずだ!「2期は是非」とか。
シャナと吉田さんを思い出したりして。代理はこっちのほうが合ってね?

CMに入る時”しりとり”をやるのはサンデー。でもコレ↓ワロタ!巻き戻した!
kanagura003.jpg
キタエリとホッちゃんのキャラコンビも神。続きが見たい!DVD特典だ!
でも、割り込むとマジで切れるデブとかいるし…。”最後尾”に並べ。
kanagura002.jpg
ありそうでコワイ。いや絶対にある。あるに違いない!冬は行くぞ。
”ぐら”なら当然フルカラーだよね?それで1,000円なら”買い”!
ただホッちゃんキャラはかなりの異常者だから、グチャドロ系かも。

テーマ:かなめも - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  新聞配達ギア
tag : 
「鯛の活き造り」のような、そんな状態でやっとエンジン始動。
通算弐号機のエンジン載せ代えとセッティングにはマジで苦労した。
gear20090921-01.jpg
何が手間取っているかと言えば、載せ代えたエンジンの型式が違っていた事。
降ろした状態(購入時)の外見ではほとんど見分けが付かないので仕方がない。

↓同機のヤフオク上の画像。キャブとマフラーは外されている。
おそらく出展者も、そこまで違うとは知らなかったのではないか…。
なにしろ「毎日、しかも何台も乗っている」者でさえ考え付かなかった。
gear eg002
2ストギアのエンジンは(型式名に関係なく)大きく分けて2種類しかない。
後期は触媒とコンペンセイターがあるが、前期型にはこれらが付かない。
これに付随してジェット類も違うが、駆動系まで違うとは思わなかった。

初期型は要するにBW's(3AA)。高年式になるに従って、生産性や強化を
目的にした(と思われる)変更が随時(しかも細かく)してある(…らしい)。
メーカーの形式名称は 装備オプションやブレーキ(レバーorペダル)の違い
なので当てにならない。 いわゆる”生産ロット”上の変更になってくる。

驚いたのはリアホイールが別物(!)。アクスルシャフトの径も違う。
当然ブレーキシューも違う。プーリーは同じだがクラッチは別物↓。
ただしクラッチアウターは同じらしいので、ポン付けできたのは幸い。
gear20090921-03.jpg
↑左側が後期型、右が前期型。センターナットもサイズが違っていた。
JOG系と同じくクラッチシューが前期は3枚。後期は2枚になっていた。
もしかするとクラッチ・インのタイミング(ウェイト)も違うかもしれない。
電装系も…違う!仕方なくジェネレータ周りをアッセンで移植した。

余談だが、型式や年式によってデカールの配色も異なる。 これは
これは何台も並んでいるギアを毎日見ているからわかったのだが、…
そんな事を調べても、何の自慢にもならないし クソの役にも立たない
ので以下同文。寧ろこれからは”台湾パーツ”のほうが期待できる。

駆動系を中古のウェイト・ローラー(ノーマル6.5g)でセッティングして
試験走行を…、リアブレーキのアソビも違っていた(止まらねぇー!)

連休というのに業務用の修理で疲れた…からTV見て寝る…って
 かなめも 次回で最終回かよ?
…と愚痴るホンモノの新聞屋のオッサン。

テーマ:(新聞配達員) - ジャンル:就職・お仕事

Category :  クイーンズブレイド
tag : 
キタ━━(゜∀゜)━━ッ!! やはり毒書の秋。がんばれホビージャパン!
「黒騎士物語」の現役読者(←何歳だ?)の、このオレがついているぞ!
queens_blade-2320(1920x1200)-0.jpg
つーか夏の景色はもういいや。正直、疲れたわい。もう歳だし…。
でもオレよりもっとバカなヤツがいて 痛車をやってくれるのを期待。
つーかオレのは既製品を貼り付けているだけ。貧乏だし…。

↓炎の使い手二クス降臨。CVは水銀灯(というとセツナ?)という話。

超豪華なBGMと声優に馬鹿げた設定と物語の落差に期待!

テーマ:クイーンズブレイド-玉座を継ぐ者- - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  イベント
tag : 
9月13日、今日は忙しいぞ。80's Meeting 2009の会場石神の里
名残惜しみながらバックれて 浜名湖ガーデンパークに突っ走った。
天竜二俣から館山寺は同じ浜松市だが、距離にして40kmくらいか?
会場には既にいわゆる70年代スタイルのオートバイで満員御礼状態。
4four0913-110.jpg
80年代が峠なら、70年代はやはり海か。この時代は正直あまり知らないので
”懐かしい”とかいう感覚にはなれない。 台数はこちらが遥かに勝っているが、
やはり私的には80'sのほうがわかりかったかな。いやどっちでも”浮いた”!

とりあえず遠くから眺めてました。なぜかマッド・マックスを思い出したりして。
4four0913-107.jpg
でもヘンにコールを切ったりするわけでもなく、皆さんマナーは宜しいようです。

とにかくキレイに磨かれている上に、何というか…イジリ方がウマいんです。
4four0913-106.jpg
当時モノと現行のパーツを適所に組み合わせて上手く雰囲気を作ってられます。

たぶんKHだと思います。ポジションはキツそうですがカッコイイ!
4four0913-112.jpg
おそらく当時の理想型。塗装まで含め全体がよくわかっている方でしょう。

いわゆるゼッツー。前垂れや旗棒の微妙な加減がイイ。ステッカーが泣ける!
4four0913-097.jpg
一つ間違えば…なところを、やはりウマく押えてます。BEETは当時から定番。

今ではもう考えられない2ストローク750cc。3気筒。しかも水冷。
4four0913-135.jpg
過剰品質と云われたそうですが、昔のバイクは確かに贅沢にできてます。

スーパーホークⅢ「街道レーサー仕様」。こういう方が峠にいました!
4four0913-137.jpg
今で言う「走り屋仕様」ですが、ホークって実際に速かったそうです。

大文字レターに例の黄緑掛かったライムが美しい! 昔は自家塗でした。
4four0913-132.jpg
CRキャブに細めのアルミスイングアーム。ウエダレーシング?でしたっけ?

スタッフに見送られての御帰還。チームで揃いのジャケットがイイ感じです。
4four0913-154.jpg
正直このくらいの年代だと、よく知らない事ばかりです。カミナリ族でしたっけ?
40~50代くらいの方もいれば、ハタチそこそこの若者までいました。 つまり、
私の年代(レプリカ世代)がズッポリ抜けている。ただ歳を取ってハーレー爺に
なるより、こちらのほうが健全だと思います。若者が多いのも羨ましいですね。

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

Category :  イベント
tag : 
前回は2004年9月。その時はKROGとしての参加だったので、
自分のKR250S(山の不動)を 軽ワンボックスに載せてきた。
懐かしい…と思うのは、その時(5年前)と景色が変わってないから。
80s090913-088.jpg
80年代といえばバイクブームの真っ只中。CBXが現役。RZ対VTかと思えば、
後半には既にゼファーが登場した。目安はレプリカ系というのが暗黙の了解。
そこに「ボクのカタナは82年型ですヨ、(^^>エへッ!」と、屁理屈を付ける様な
乱入だったにも関わらず、皆様に温かく迎えられ恐縮した。「オトナだ!」

だからというわけでもないし、(KROGです!と名乗りながら)スズキ車で
行ったからでもないが、80年代中頃のスズキ系は異様に熱かったと思う。
仮面ライダー宇宙刑事もスズキだし「ヒーローはスズキ!」は世界常識。

↓主催GK71(GSX400R)様の車列。スプリントではなく「耐久レプリカ」だ。
80s090913-044.jpg
発売された時は「こんなモノ、売ってもいいの?」というくらい過激だった。

HBガンマと400or500ガンマ! ウォルター・ウルフもは四輪でも有名だったナ。
80s090913-015.jpg
ガンマもレースでは大活躍だったが、ライダーの名前がうんちーにというのが…
少しあとになってシュワンツが出てくると、なぜかクラッシュが自慢話になった。

対するヤマハには平&ケニーというファッション・リーダーがいた!FZ400R。
80s090913-046.jpg
「音はヤマハのほうがイイ」というのが定説。だって浜松の楽器屋だから。

す、すげぇ!ヤマハの歴代2ストが全部いる!走る歴史教科書だ!
80s090913-058.jpg
こうしてみるとヤマハって どの年式も成功してる!(…と、KRの持主談)

VTって一頃はやたらとたくさん走ってました。どこへ行ったんでしょう?
80s090913-068.jpg
CBRも現行は大型ばかりですが、もとは(空冷)400ccが最初のブランド。

GPZ系は80年代”漢”カワサキの象徴。ZXR系もなかなか良かったと。
でも結局カワサキの80年代は Z400FXに始まりゼファーで終わってます。
80s090913-075.jpg
現行車がパッとしないから、旧車が流行ってしまう…。実際、旧型のほうが
高性能だったりします。400クラスはがんばってもらいたいものです。

原付の免許を取った時 爺が仕事で使っていたスーパーカブを貰いました。
でも、当時はカブなんかに乗るのって死ぬほど恥ずかしかったと思います。
MBXも良かったけど、50ガンマのカウルと角フレームがやっぱ憧れでした。
80s090913-043.jpg
 当時は原付スポーツの中古が見つからず、貯金が貯まるのも待ち切れずに、
AR50を買って私の人生は決まりました
金が無かったとはいえパッソルなんか買わなくて良かった! エライぞ、オレ!

テーマ:2スト バイク - ジャンル:車・バイク

Category :  オートバイ
tag : 
初めて来たのはココがまだ高速バスの停留所くらいの広さだった頃。
「…ン百万掛けた」とか「時速…km出る」…等という改造車が大挙来襲。
お台場海ほたるもまだなかったが 上野のバイク屋街はコー○ン様が
牛耳って大盛況。要するに80年代後半は発展途上というかバブルだった。
2009keihin072.jpg
昔に比べて寂れたという人もいるが、個人的には静かになって良かったと
思っている。ホイールスピンやウィリーしながら車列に突っ込むバイク御宅
や暴走族より始末の悪いヤンキーが絶滅してくれたのは勿怪の幸い也。

KROGの第三京浜ミーティングは毎年八月下旬だが、つい先週は
東北・石巻で集まっていたことを考えると、皆さん全くもってタフだ。
2009keihin018.jpg
夏に古いバイクや車で遠隔地で集会をやるのは それなりの整備が必須。
かくいう私も GWは例のETC渋滞に遭遇、オーバーヒートの末 棒に振った。
その後に執拗なまでの冷却対策に固執し、何とか東北遠征を乗り切った。

リエゾン(移動区間)で道に迷うの図。深夜のツーリングを満喫。実はその後…
2009keihin079.jpg
この直後、私は荷物を縛っていたショックコードを飛ばしてしまう。 あやうく
後続のエリーゼに当たるところだった。荷物が緩んで隊列から遅れ さらに
分岐を間違え…例の横浜新道に突入して行った…(メーデー!メーデー!)。

例年の二次会場常盤台ガストにはさらなる七転八倒の末 辿り着く。
…が、帰路またしても迷子になって…。「あーもう!どうにでもなれ!」

という「フラグ建った」。 以下はツーリングの風景。

夜が明けてしまったが海が似合わねぇー!てか、ここドコ?
2009keihin081.jpg
なんかサーファーとかいるんですけど…。たぶん西湘バイパスのどこかと思う。
太陽を背に向けたセオリー通りに行けば、西に向かっているのは間違いない。

小田原~箱根湯元。昔 仕事で来たことがある。見覚えのある景色に一安心。
2009keihin086.jpg
「ニッパチ」といって実は旅館業は2月8月は暇な時期。叩いて湯治するか?

これでも国道一号線だって!。選挙の結果は知らないが 政治家「仕事しろ」。
2009keihin087.jpg
やたらと閑散として見えると、かつての商売敵の心配などしてしまう。

ネルフの基地のある第3新東京市。使途襲来に備えて住民は批難している。
2009keihin090.jpg
「聖地」にするには特定する場所が広すぎる。…って添乗員なら考える。

箱根の周辺はいつも異常に渋滞するはずだが、どうやらETCに流れている。
2009keihin097.jpg
空いている、というよりガラガラ。ほとんどマイ・ロード状態。楽しめました。

結局下道ツーリングをエンジョイしてしまいました。
集会の帰りはいつもそんな感じ。まあそれが目的でもあるわけだ。

テーマ:オフ会・ミーティング - ジャンル:車・バイク

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード