火薬御飯

Category :  オートバイ
tag : 
昔 近所の交番のオマワリがこのDJ1Lに乗っていた。少々いじったカブ90
に乗っていた私は これを原付(60km/h以上出ない)と思い込んでいたため、
ほぼ直線の田舎道で振り切ろうとしたが… 追い付けれた。手錠を掛けられ
交番に連行され 3時間くらい説教を喰らった(昔のオマワリは乱暴だった)。
HONDA DJ1L(DF01)
レッドゾーンが50km/hから始まる「80kmメーター」は伊達ではない。出足の
加速は到底カブなんぞの比ではなく、最高速が伸びたら 敵うはずもない
のは改造猿を知る吾人なら判ろうというもの。 当時のスクーターは、寧ろ
パワーを抑えることに腐心するほど スペック至上主義の良き時代だった。

二十数年前我輩を撃墜してくれた敵戦闘機と御殿場フリマで御対面を果す。
今見ると紅白餅の如き御目出度いカラーだが、当時はDJ1DJ1Rの狭間
で、どちらかというと地味な存在だった。その後にDJ1RR等のハイスペック
も登場したが、80年代後半からは メットインが絶対条件になりつつあった。
ホンダ DJ1L (DF01)
ホンダは塗装や樹脂が何故か脆い時期があった。キレイな赤シートは貴重。
このネーミングには諸説があるが、昭和末期は 未だラジオがサブカルの一
翼を担っていたのがわかる。今と違って、原付二種しかも排気量56ccなどと
いう 中途半端な一人乗りの認知度は、その頃は随分低く、現存する個体も
そうとう少ないのではないかと思う。マイナーな派生型としても貴重なバイク。

とはいえ、前述のマッドマックスのような経験を、その後も繰り返した私は、
この色のDJ1に ひどいトラウマを持つようになってしまった。そのオマワリ
には 巡回中に私の自宅を発見され、就職まで斡旋された…。 (行くか!)
スポンサーサイト

テーマ:原付二種 - ジャンル:車・バイク

Category :  イベント
tag : 
この雰囲気!久しぶりです。フリーマーケットに参加したのは7~8年振り?
古の天竜川大井川、果は相模湖や代々木まで、近県の会場はほとんど
参加しましたが、此処は気象条件以外は 良い感じだったと記憶しています。
御殿場フリマ
会場入り口の出店者受付。 参加費を払うと軍手をくれます。たいへん気が
効いてます。こうした二輪四輪関係のフリマも昔に比べ減ってしまいました。
ネットオークション等のせいもありましょうが、やはり主催者様がしっかりした
ところは存続しています。我々も定石通り日の出を待って設営を開始します。
御殿場フリーマーケット出展者
周りの出展の方々も手慣れた皆様らしく、スペースに多少余裕をみてくれて
います。それでも荷物を降し始めると この様に途端に人が集まってきます。
フリーマーケット御殿場2010冬
まだ全部下ろしてないのに…。実は私は暇に任せて雇われただけの単なる
店番なのですが、正直言って「ジャマだ!」「冷やかしのくせに!」気持ちは
わからんでもないのですが…。開始から約二時間に渡り こんな状態でした。

やっと落ち着いて、周りを見る余裕ができると正面に富士山が見えました。
富士山Mt.Fuji御殿場フリマ
前に置かれたポップギャルが今回唯一の車体丸ごとだそうです。車体は案外
売れないのですが、終盤に来た御夫婦にお買上げ戴き 店主ホクホクでした。

冷かしに見て回った時に見付けたホンダ ビート。金があったら買いたかった!
HONDA Beat(AF09)ホンダ ビート
RG50ガンマもイイなぁ。このくらいの年式だとヤフオクでは買い叩かれたり
クレームが出易いため、フリマのほうがよく出展されています。買い時だ!

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

Category :  NEWS
tag : 
とらのあなには頻繁に出掛けていたが、らしんばんに今日初めて行った。
らしんばん静岡店
だれも信じてくれないが、じつは私はフィギュアにはあまり興味がない。
そもそも調度品が苦手だからだ。 ただ同人誌は大好きだ。やはり作家
さんの画で選んでいるので、どちらかと言えばとらのあなのほうが 需要
がある。中古屋というのは店毎にカラーがある気がする。買取側の好み
が反映されているように見えるのは鑑定団も同じ。
都内などでは時々あるが、同人関係のフリマが、どこか近所で開かれて
くれないかなーとか思ってみたりする。

テーマ:腐女子の日記 - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  イベント
tag : 
やはり超地元では行き難い。イベントの性格客層にも寄る。コミケの3日目
なんぞは”故郷に帰って来た”みたいに入り易かったのに、おでかけライブ
静岡
に行った時は、超浮いて(^^;冷汗ものだった。だって腐女子ばかりで…。
おでかけライブin富士4 同人感謝の日
調子に乗ってスタジオYOUのバイトに行ったりもして、この歳にしてイイ経験
させてもらったが、この時は(年齢差で)もっと浮いた! そんなこんなでそう
いうシチュに慣れてしまい、おかげで今夏のガンダムの仕事もできたのだが。

閑話休題、ふじさんめっせというハコモノに 今迄行ったことがなかったので、
一応見ておきたいと思って行ってみた。新幹線新富士駅が近く、アクセスは
かなり宜しい。お台場のようにグッチャグチャにならないのが 地方の同人誌
イベントの良いところか。買いに行く側としては、混まないに越した事はない。
静岡市内にもとらのあならしんばんができて、環境もだいぶ改善(?)され
てきた。それでも同人イベントは貴重。リアルJKのコスプレが見れる!から。

テーマ:同人イベント - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  イベント
tag : 
数年前に読んだ「田宮模型の仕事」という本の、たいへん感動した部分が
タミヤフェア会場に抜粋され展示されていました。超ヘヴィーなプラモデル
マニアでもあり バイクオタクでもある 読者の私は通常の3倍感動しました!
「田宮模型の仕事」 本田宗一郎
どちらも(数少ない)静岡県出身の世界的著名人!というか業界の神様!
その御対面のシーンです。本田宗一郎氏については(小学生の時 印鑑を
偽造したとか、金魚に色を塗ったとか…)数々逸話が語られているところで
すが、田宮俊作氏の自叙伝も、機銃掃射をする米軍機を羨望の眼差しで
眺めていた(同様の体験が元で 石原慎太郎はアメリカ嫌いになった)とか、
負けず劣らずのモノがあります。肝が座っているのか天然なのか…?

同じくタミヤフェア会場に展示されていたHSV-010…こっちは初めて見た!
レースへの興味が薄れたこともあって このGTカーもよく知りませんでした。
honda HSV-010
ホンダはなにしろネーミングが紛らわしいです。結局覚えにくい。NSXの後継
機種らしいのですが、公道仕様があったらLFAと真っ向勝負になりそうです。

80年代くらいまで、ホンダの四輪は1.6くらいまでしか無かったので、大きい
クルマが偉かった御時勢に、公道での印象はちょっと薄かった気がします。
また、市販車改造が伝説になっている日産に比べ、プロトカーが多いホンダ
は、(失敗作も多い)公道車両では地味に見られがちな所もあると思います。
その分、F1などプラモデル化された車種も多かったのではないでしょうか?

ホンダにしろ、タミヤにしろ、静岡県に こうした優れた職人がいたことには
一説には地場産業だった林業が関係していると云われています。 本田の
生家は天竜の鍛冶屋、田宮の実家は材木商(火災で焼失)だったそうです。

それに加え、静岡県人は(住人が思っている以上に)田舎者なので、新しい
もの好きです。伝統などをあまり意識しません。アタマの悪い人も多いので
学者や政治家は出てきませんし、気候等が良いせいか 戦国武将も軍人も
大した人がいません。ただ「職人気質がある」とは海洋堂社長様の言でした。
流石業界の重鎮。大いに勉強になり参考にさせて戴いております。

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

Category :  四輪
tag : 
一昨年お台場のイベントでランチア・ストラトスに初めてお目に掛かった。
こっちも初めて実車を見たワーゲン・バハバグ。何方も子供の頃ラジコン
で知ったのが先。バハバグは、スーパーカーショーには来なかったから。
Volkswagen BAJA-BUG tamiyafair
要するに 昔の子供には、ラジコンやプラモデル その説明書や箱絵までが
貴重な資料だったし、事実 資料性も高かった。そうして かき集めたネタを
頼みに 駄菓子屋の店先で世間話をしていたのだから、昔は長閑だったな。

それにしても当時 疑問だったのは 「なぜランチアとワーゲンは、こんなに
カタチが違うのか?」という事。ラリーカーという意味では同じではないかと。
バハバグは市販車改造、ランチアはかなりスペシャルなスーパーカーだ。
フォルクスワーゲン バハバグ タミヤフェア
ベースがワーゲンとはいえ、スタイルは米西海岸風のホットロッドやキャル
ルック。ランチアはベルトーネ。スーパーカーのほうが、人気があったはず
だが、ラジコンの場合 バハバグのほうが走破性が高かったり、横転した時
の復元が好かったりして、遊んでいて楽しめた。
フォルクスワーゲンは国内でも今だ人気だが、アメリカでも昔から特に若者
から支持され人気があったのは、映画によく登場することでもわかる。

テーマ:フォルクスワーゲン - ジャンル:車・バイク

Category :  イベント
tag : 
タミヤフェア会場(ツインメッセ静岡)で初めて実物を見たLFA。たしかに
写真で見るよりはカッコイイかもしれません。昔乗り出し20万円のMR2
に乗ってましたが、2名乗車で3700萬という価値観は到底理解不能です。
LEXUS LFA tamiya-fair2010
コンセプトからレース参戦までの紆余曲折ぶりが、伝説になってしまった
感がありますが、フェラーリ等とは比べるべくもないし、ポルシェというより
アストンマーチン…いや、やっぱりスープラかな? GT-Rが3~4台買える
がニュルでは絶対敵わないだろうし、良くも悪くもトヨタなクルマという印象。

LFAの隣りにはタミヤのプラモデルにもなったローラT70が鎮座してました。
1976年の日本GPに云々…という説明がありましたが、さすがに覚えていま
せん。その頃だと 私の父はブルーバード、母はパブリカに乗っていました。
ローラT70MkⅢ タミヤフェア2010
子供の頃は、こうした海外のレース専門メーカーというものが、理解できま
せんでした。日本でもやっとコンストラクターの認知度が上がってきた所で
すが、海外には不景気でも大枚を叩くスポンサーがおり 爺さん婆さんでも
観戦に行ったり、裾や懐の広さには 未だ一日の長があるように思われます。
それでも(今ほど情報が無かった)子供の頃から こうしたレーシングカーを
知っていたのは プラモデルのおかげです。既にオモチャではなく文化です。

テーマ:LEXUS/レクサス - ジャンル:車・バイク

Category :  アニメ・特撮・映画
tag : 
キタ━(゚∀゚)━!  『星くず☆うぃっちメルル』!
♪貴方の胸に飛び込んでいくのー、
隕石よりもー、「キラッ!」 巨大なパワーでー、「キラッ!」
_online.gif
貴方の心狙い打つの、だから私の全力全開魔法、逃げずに
ちゃんと受け止めてよねー♪
 (CV:例によって田村ゆかり

ドラマCDにもあったネタだが、コチラではラブプラスそのもの
高嶺愛花(ていうか 中の人が同じ)が、お話してくれるのだが、
なぜかイイところで終わってしまう。俺妹は全く以てDEEPだ。

今周のメインである、小説家というか クリエイターさん的には
吹きまくれるのは桐乃黒猫の、お互いの同人小説批判だな。

「主人公が作者そっくりで、2~3文字しか書いてなくても平気で
改行するし、気分で改ページしてるし、顔文字や記号が句読点
より多いし、内容の半分は自画自賛だし、…」

「黒々としたページ。9割以上文字、もっと改行しろ。それに難解
な漢字とか言い回しとか多くて… しかも200ページはある別冊の
資料集を読んで専門用語を理解しないと、半分もわからない…」

さすがラノベ作家は、素人の物書きが陥る失敗談をよく知って
いらっしゃるようで。…よくあります、そういう文芸創作。

Aパートのみで、バクマンの半クールを進めてしまうテンポの
良さとイイ、これ、今期のサイコー傑作でしょう?

個人的には、身に詰まされるEPが(自分とダブって)緊張しつつ
鑑賞してます。リアルJCが、こんなに可愛いわけがない!

テーマ:俺の妹がこんなに可愛いわけがない - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  イベント
tag : 
今年秋のタミヤフェア2010が来週に近づきました。ほんとうは明日明後日の
モデラーズフリマにも行きたいし、欲を言えばボン・ジョヴィの来日公演にも
行きたい!のですが、自分もLivin' On A Prayerな状態なので、また次回…。
JEEP(田宮俊作氏所有)
タミヤフェアで必ずお目に掛れるのが、この社長車M151 ケネディジープ
MMシリーズNO.123。なんでも復帰前の沖縄に求人のため社長が行った時、
ベトナム戦争でスクラップになった物を5コ1にレストアした車だそうだ。田宮
の社長は、やはり神だ! こういうイベントを年柄年中やってくれている静岡
はほんとうにイイ所です。ただ 似た様な名称のため わかり難いですね。

東静岡駅で開催中なのは静岡ホビーフェア。夏場に例のガンダムの会場で
アルバイトをしていました
。先週、来場者が100万人を超えたそうです。
毎年5月に開催されるのが静岡ホビーショー。これは世界中のプラモデル
の内覧会ですが、例によって中華系でコピー商品を作っている会社は除外
されています。これはマニアにとっては少々残念の事かもしれません。
これらと別に静岡プラモデルフェアというのがあります。タミヤとバンダイが
ミニ四駆やガンプラを実演してくれますが…子供が対象のため 見てるだけ。

これが5月のホビーショーだとホンモノが来てしまいます。89式装甲戦闘車
静岡ホビーショー89式装甲戦闘車
あわせて自衛隊サンが募集をしているが …スイマセン、今仕事探している
んですけど …年齢制限があるんですね。 ここ数年は経費削減のためか、
あまり来てくれません。静岡空港を半分にしてもイイから、来年は10式戦車
を持ってきてもらいたいもんです。タミヤのプラモになるでしょうから。

テーマ:模型 - ジャンル:サブカル

Category :  ツーリング・旅行
tag : 
ご当地ナントカの流行っていた時分ではなかったが、十数年も前の榛名山
山頂付近。 イニシャルDに登場する架空の地名 …のモデルになった場所。
カワサキ FX400R 榛名山
霧でなにも見えないが、路面が悪いのはわかる。例の5連ヘアピンなんか
洒落にならないくらい深いゼブラが刻まれていて、走るのが超コワかった。
急傾斜急勾配で道幅も狭い。あれはマンガだ。バリバリ伝説もそうだった。

FX400R(GPZ400R)は、80年代半ばに流行った前後16インチのホイールを
使っているためか、独特な乗り心地がある。ある程度スピードに乗ると安定
してくるが、チンタラ走ると ゴツゴツと路面のギャップを拾って乗り易く無い。
車体が寝かし易く 倒し込むと路面が近くに見えるため、コーナリングが上手
くなったような錯覚をする。攻めて楽しいが、長距離は少々疲れるのも事実。

なによりタイヤが選べない(昔は納品にも時間も掛かった)ため、アップハン
を付ける序でに足回りをゼファー用に入れ代えた。三つ又やフィッティングは
ウィニング・ラン(当時は静岡にあった)に依頼。これで遠出が楽になった。 

このツーリングの時、何処を走ったかよく覚えていないが、バイクの向きから
帰路 碓氷峠を長野に向かっているようだ。おぎのやに寄ったのは覚えている!
カワサキ FX400R 碓氷峠
ここは今年のGWにも走ったが、年々路面が荒れてくるのと、サルを見なく
なった気がする。まあ 釜飯さえ食えれば 生態系や環境問題に興味はない。

でも 気候変動は、夏場毎年のように走っているとわかる。お約束の俄雨。
カワサキ FX400R 鬼怒川
この時は、東北方面(蔵王)に向かっていた。鬼怒川に継る国道121号線
沿いではないかと思う。勤めていた会社が、よく鬼怒川温泉と比較されて
いる(東京からほぼ当距離)らしく興味があった。このあとKROGの集会へ…。

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

Category :  オートバイ
tag : 
20年以上前に近所の新聞屋が、これで朝刊を配っていたのを覚えている。
カブやメイトが当たり前だった頃に それはかなり画期的な事だったと思う。
HONDA EXPRESS ホンダ エクスプレス AB20
残念ながら新聞配達はフットブレーキでないと使い勝手が悪い。その他、
過積載が日常の仕事故、サイドスタンドで立てた時の安定の問題もある。
ただ、昔はカブはダサい乗り物だったが、今やオシャレなツールになって
いることからも、こんなスクーターが今あったら、良かっただろうなぁ…と。

こちらはレストア中の赤。シート表皮がカブより脆く、張り替えている最中。
旧型ビーノの茶色の外皮に貼り直したら、かなりオサレな雰囲気になった。
こっちは大井川フリマで 何処かのヤンキー兄ちゃんに、一万円売ったら、
ナンバー無しで3人乗りをして帰って行った。相当堅牢なのは間違いない。
HONDAホンダEXPRESSエクスプレス(AB20)
AB20という型式名からもわかるように、エクスプレスのエンジンは専用の
ものだ。今乗ると、エンジン音はかなり大きい。フロントがテレスコピックに
なっていたりで走破性が高いのは、原付オフロードレース(古のサガミ・ダ・
カーラなど)で BW’s と共に出場制限が掛かっていたことでも実証済み。

ただし、タイヤは前後16インチのため、安価なカブ用タイヤは使えないし、
同様にエンジンも純正流用できる部品は少ない。ホンダは超ベストセラー、
スーパーカブがあるためか、これ一発で終わってしまったのは惜しまれる。

新聞配達用にはヤマハ・ギアが独壇場だが、ホンダが一応対抗機種らしき
ビジネス・スクーターとして作っていたトピック(AF38)。ライブディオ系部品
が一部流用可能。ハイプリ加工後の最高速は70km/h出るのだが、なぜか
ウェイトローラーの摩滅が異常に早く 最高速・加速とも急に下がってしまう。
ホンダ トピック HONDA Topic(AF38)
例のメットイン・スペースを設けたため、燃料タンクがレッグシールド内に
あり ギアに比べると容量も少ない。リアが2本サスだったり、新聞配達用
のオプションも設定されていたが、フットブレーキ仕様が無かったことが
致命傷になった。 事実上ホンダの最後の2stスクーター。ライブディオに
よく似たエンジンは、一つの”究極”を感じさせる。こちらも消滅は惜しい…。

テーマ:中古バイク情報 - ジャンル:車・バイク

Category :  オートバイ
tag : 
この頃セピアZZ(AJ50ZZ)を乗り回しているためか、以前に何台か売った
ことのあるハイアップが無性に懐かしい。セピアのほうが後発のはずだが、
走って速いのはハイアップのほうが断然上! Gダッシュより良いと思った。
suzuki  HiUP R
ハイアップに比べるとセピアは、何故かフロント周りが弱い様な ヘンな感じ
がある。たぶんセピアは、フロントが弱いのではなく、後ろが硬過ぎるため
だろう。これはモノコックフレームをメットインスペースに使っているからだ
と思う。セピアのリアボディは鉄板の塊まり。これはホンダの意匠を避ける
ための苦肉の策だという。おかげでセピアは整備性も悪い。両車は足回り
とエンジンが共通だが、ハイアップはメットインが登場するまでの暫定的な
モデルらしく、シート下に小物入れがある。また両車の中間には 1987年
の発売から現行まで続くスズキのドル箱 アドレス(2st)があった。

ハイアップ(HiUP)と直接 関係はないが、名前が似ているため先代らしき
スクーターが スズキ ハイ(Hi)とハイアール(Hi-R)。中国の家電メーカー
の様な名前だが 無論こっちが先。過激というより危険というのが相応しい。
スズキ・ハイ・ウォルターウルフSUZUKI  Hi WalterWolf
リアカウルの被せ方が似ている以外、共通な部分は全くない。発進の時、
やたらとウィリーするが、ひそかに前後タイヤサイズが違うとか、ブレーキ
がリア(ドラム)のほうが大きかったり、味付けが為されているのがわかる。
ただ 昔のスズキ車は個体差があって、納車状態でもメーターを振り切る
「当たり」や、やたらと煙を吐いて調子が良くない等の バラツキもあった。
一方でパステルカラー系のツートンや(バブル期に流行した)DCブランド
の限定車がラインナップされ、ミーハー庶民に訴えることも忘れていない。

ハイアップのスタンダード。フロントはドラムだが車体が軽いため、よく効く。
サスはハイアップRはボトムリンクだが こちらはテレスコピックになっている。
suzuki  HiUP 
90年代は「フルフェイス・ヘルメットが入る」ことが絶対条件だった。これは
日本だけではなく、輸出相場もメットが入らないスクーターは 半分以下に
なっていた。おかげで輸出業者から安く(7000円くらいで)買うことができた。
シリンダーが水平になったのは、このHiUPからだった。それまでのスズキ
車、Hi、カーナなどは垂直で後方排気。メットインのための苦心が伺える。

すでにレプリカのフルフェイスを被る時代でもなくなったので、こういうムダ
が無く、走りの良いスクーターがマイブーム。”ある”内に、買っておきたい。

テーマ:2スト バイク - ジャンル:車・バイク

Category :  オートバイ
tag : 
これも古い写真だが95年くらいかと思う。国道150号線沿いのコンビニ。
このCS250は 友人が 個人売買雑誌クアントを使って購入したものだ。
kawasaki CS250,KR250S
私もこのCS250には大いに興味があったのだが、当時の主力機が奥の
KR250Sだったので、さすがに 同じメーカーの250を2台は持てず、時々
乗らせてもらっているに留まった。実はかなり欲しかったバイクの一つ。

名前こそ ”カジュアル・スポーツ”などという軽薄な頭文字だが、エンジン
を横から見ると九百忍者にそっくりだったり、前16後18のくせに二本サス
だったり、軽量と廉価のジレンマを感じさせる。エンジンはKLR250と共通
だが、これはGPZ1000RXの 四気筒の内の一気筒(四分の一)を使った
ものに違いない。ちなみにヨシムラのマフラーは、純正改造のワンオフ物。
Kawasaki CS250 KR250S
単気筒だからといって雰囲気で乗るようなバイクではない。そのくせ独特
な重量感があって、軽々走るものでもない。 長距離になると尻が痛くなる
所が、スポーツといえばスポーツだ。じつは 以外と彼方此方出掛けていた。
カワサキCS250GPZ250R 筑波サーキット
筑波サーキットで開催されたKAZEミーティングでの一コマ。後ろに写って
いるGPZ250Rも御仲間。GPZ250RZ250FT(GPZ250)から水冷化された
こちらも酷い不人気車だったが、その後エリミネイターZZR250に進化し
現行のNinja250まで続く系譜を持つが、CSはマイチェンも無く消滅した。

この時も私はKR250Sで参戦。プギャー!(゚∀゚ノ)ノってくらいKRの大群が!
KROG筑波サーキットKAZEミーティング
前列中央の赤黒が私のKR。五月末だったと思うがかなり暑かった。静岡~
筑波は200km以上あるが、どちらもノントラブルで走破。勿論KROG皆様も!
KROGin筑波サーキット
実はサーキットに入ったのはこの時が初めてだった。今なら待たずに入れ
そうだが、当時のサーキットは何処も満員御礼大繁盛状態。その頃はまだ
富士スピードウェイはほとんど四輪。鈴鹿には、いまだに行ったことがない。
ところが、このCS250のオーナーは、「ガチンコ!」というTBSのヤラセ番組
を見て、鈴鹿8耐を観戦に行った古強者。 …脱線した。話をCSに戻そう。
カワサキ カジュアルスポーツ250
バイク屋さんに修理に入っていたCS250のガンメタ。CSには赤と灰銀の
2色しかない。この車両には、純正オプションのシングルシートカウルが
付いている!完全ドノーマル。程度もイイので、大事に乗ってもらいたい。

テーマ:初心者 - ジャンル:車・バイク

Category :  NEWS
tag : 
間違っても新華社通信では流れないから、盛大に垂れ流せばヨロシイ。
尖閣諸島中国漁船衝突映像流出
尖閣諸島、中国漁船衝突の映像
海上保安庁様の御苦労を無駄にしないためにも、直ちにDLすべし。
民主党政治家共は、国民の生命財産を守るためこれに体当りしろ!

テーマ:尖閣諸島問題 - ジャンル:政治・経済

Category :  NEWS
tag : 
俺が大道芸を見物に行くわけがない。とらのあなは昨日も行ったし…。
ハローワークに行くついでに見に行っただけ。職安だ、職探しが先だ。
大道芸ワールドカップin静岡
すでに20年近くやっているそうだが、間近で見るのは全くの初めてだ。
たしかに近くで見ると感動的。ただ「そこまで行くかどうか」が問題だ。

バイトまでした静岡ガンダムに比べ それほど興味がなかったのもある
のだが、此処等の商店街はアクセスが良くないうえに 駐車場も少ない。
125cc以上の自動二輪が駐車可能な場所は(驚くなかれ!)市営稲森
の2ヵ所見当たらない。ちなみに職安もアクセスがわるく駐車場も狭い。
なにしろ 静岡というところは、一生懸命イベントをやっていることは理解
(というか同情)できるのだが、そこまで行くのが一苦労…なのが致命的。

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

Category :  オートバイ
tag : 
その頃は原付の免許を取って、スクーターに乗るなどという選択肢は全く
なかった。2ストのロードスポーツしか頭にない。店頭にあるバイクは すぐ
売れてしまった時代なので、偶々近所のバイク屋にあったAR50を買った。
なにより”早く乗りたかった”というのもあった。でもMBXも気になっていた。
MBX80インテグラ
AR50を下取りに250に乗り代えたが、どうしてもMBXが欲しくて…こっちに
乗り代え、250は先輩に売ってしまった。当時大学の3年くらいだったと思う。
勉強のほうが(単位が心配で)少々忙しくなって、遠出もしにくくなっていた
ので、通学などに割り切ったつもりだったが、「車体が軽いほうがコーナー
で有利!」…などという、その当時独特の価値基準もあったかもしれない。

AR50は やはりカワサキというブランドが強かった。当時ホンダもスズキも
ショボいクルマしか作っていなかったし、ヤマハは楽器屋でしかなかった。
AR50は唯一空冷という変な劣等感があったが、ライムグリーンにヤラれた。
Kawasaki AR50
結局その後はカワサキ党員となった。就職してFX400Rを購入、10年以上
乗り回す。その次はKR250Sをレストア。今でも持っている。それでも その
頃の原付スポーツは、RG50γやRZ50も含め全部好きだった。ハスラーや
MTXやDTも良かった。AE50はちょっと…。(初めてのスクーターはビート

現行で残っているのは、当時見向きもしなかったCB50のエンジンを積んだ
APEだけ。エントリーモデルが少ないのは 今の若者にとって気の毒な事だ。
多少余裕があって大型に乗るようになっても、原付の感動は忘れられない。

テーマ:2スト バイク - ジャンル:車・バイク

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード