火薬御飯

Category :  新聞配達ギア
tag : 
この頃はスクーターのタイヤの種類やサイズが増えて、助かっています。
昔の比べると値段も下がっていますが、オープンプライスで、はめ代えの
工賃もバイク屋さんによって多少前後するため、安く済む方法を考えます。
YAMAHAヤマハ NEWSGEAR(4KN,UA03J,UA06J )ニュースギア・純正タイヤ 新聞配達
今回注文したのは後輪。DUROという台湾?のメーカー。ヤフオクの一発
落札で2,990円、同じ物が雑誌の通販だと3,980円でした。落札価格に送料
と代引き手数料(または振込手数料)が1000円ほど乗るので、今回の場合
4200円掛かりました。送料が同じなら、まとめ買いのほうが実際に得です。

原付のタイヤ交換をバイク屋さんに頼むと、はめ代えに2,000円前後、古い
タイヤの処分料が500~1,000円くらい掛かります。そのため、タイヤを交換
するより、タイヤ付中古ホイールを購入するほうが多少安いこともあります。
YAMAHAヤマハ NEWSGEAR(4KN,UA03J,UA06J )ニュースギア 新聞配達・純正タイヤ
どちらも2stニュースギアのリアホイールですが、右が後期型のUA03J、
左が前期型の4KNのモノです。単品ではほとんど見分けが付きませんが、
ドラムブレーキの大きさの他、アクスルシャフトの径も違います。いまだに
この前期型の部品(3AA・BW'sビーウィズと共通)は流通しています。UA
03Jのホイールは4stのニュースギアUA06Jと共通のはずです。こうした
スペアをセットで持っておくと、タイヤ交換の手間が大幅に軽減できます。
スポンサーサイト

テーマ:タイヤ - ジャンル:車・バイク

Category :  オートバイ
tag : 
以前から「欲しい」とは思っていましたが、「どーせ、乗らないだろう…」と、
諦めていたマウンテンバイクというヤツを、ヤフオクで買ってしまいました。
BMX.jpg
まだ、デカい箱に入ったままですが、仕事が休みになるのを待って、組み
立ててみたいと思っています。”丸石”というそうですが 自転車のメーカー
など、ほとんど知らなかったので…まぁ、そんなもんだろう…。オートバイ
とは 工具のサイズや規格も多少違うらしいので、また勉強になりそうです。

結局このテは初心者なので、中古にしました。「格好から入る」のは毎度の
事なのですが「道具だけ揃えて、使わない」というのが、経験上一番怖い事
なので、趣味でなく用途として必要になるまで、購入を見合わせていました。
なにしろウチの近所は道が悪い。だからフル・サスペンション。ライトはLED
のヤツを付けるつもりです。涼しくなったら、少々遠出もしてみたい…とか。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

Category :  オートバイ
tag : 
ARとは、オタクが聖地で1人で記念撮影すると、隣に「俺の嫁」が写る心霊
現象…(ヒィ!許して!)でなく、カワサキの50ccスポーツバイクのことです。
同時期のカワサキには、現行のKSRの御先祖様となる AV50(紛らわしい)
や、KV75というソ連の重戦車のような レジャー(死語)バイクもありました。
Kawasaki AR50
高校の仲間内で一番人気はMBX50だったと思います。RG50γはハイメカ
なイメージ。ハスラーも人気でした。RZ50は兄弟分の250・350のブランドが
圧倒的。ローソンもコークも知らない頃、カワサキは…族車イメージでした。

AR50の納車の時は、ノーヘルでした。翌年から着用義務。AR50は最高速度
60km/h規制型のAR50Ⅱになってしまい、規制前に乗っていた我々とっては、
「してやったり!」という妙な優越感を持つことができた時期でした。おかげで
規制前AR50に固執することになったと思います。規制型AR50Ⅱはミッション
5速に減らされ、キャブも小径化されたため、「ウィリーがし易くなった」等と
いう負け惜しみの様な褒め言葉もありましたが、スペックダウンは否めません。

カワサキは慌てて6速リミッター付のAR50S仕様変更。ホンダのMBX50も同じ
ような経緯を辿ったことは、当時の若者(ハイ!(^^/ )が、如何にスペック至上
主義だったかを示しています。信号で仏血義られるのは、この上無い恥でした。
AR50と一年ほど過ごし中免へ。さらに10年後KR250Sのオーナーになりました。

KRをレストアし乗り回していた頃、こちらも偶然見付けたAR125Sを現状2万円
で引き取って来ました。その頃はまだ小型二輪の人気がさっぱりの時期でした。
AR125S.jpg
前後18インチのタイヤは種類が少なく、車体よりタイヤのほうが高かったという
(よくあるハナシ)本末転倒な物件になってしまいました。…ただ、このカタチが、
とにかく大好きでした。部品の一つ一つがカワサキの”イイ所取り”的な魅力を
感じてました。ピーキーというほどではありませんが、やや高回転型で 回して
走る癖が付いてしまうのが、またイイところでした。当然、「国産」のはずです。

希少車は貿易で値が付かないため、タダ同然(または本当にタダ)で手に
入ることがありました。レストア用に一時持っていたAE50。 現車について、
詳細はわかりませんが、AR50と同じ空冷2ストエンジンを積み、AR50/80
と同様、AE80がありましたが、こちらはさらに希少。KL250風スタイルです。
AE50-002.jpg
KE125というトレールバイクもあったはずですが、こちらはさらに詳細不明。
AR125は水冷でしたが、KE125は空冷・ロータリーバルブだったらしいです。
AR50/80、AE50/80の空冷エンジンは、その後 1987年登場のKS-I/KS-II
に流用され、1990年に水冷のKSR登場。翌年AR50(AR80)は カタログ落ち
します。2003年 4stのKSR110が登場しますが、50は発売されませんでした。

昨年2010年はガンプラ30周年ということで、自宅から10分足らずの東静岡駅で
連日バイトをしていました。今年2011年はARの発売から30周年になるそうです。
9月には、いつもお世話になっているAROC様主催/KROG様協賛で、AR生誕
30周年記念ミーティング
が執り行われます。久々の関西遠征、鋭意参加予定!
[Read More...]

テーマ:kasawaki - ジャンル:車・バイク

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード