火薬御飯

Category :  イベント
tag : 
こういう催しが地元で開催されるのは実に喜ばしい。しかもドレスアップや
レジャー系でなくガチなチューンアップの世界。一昔前ならこんな凄いモノ
は当然の如く企業秘密で車輌に近付くこともできなかった。業界屈指の実
力派老舗 エッチ・ケー・エス様チューンのRB26に恐る恐る近づいて見た。
NISSAN RB-26DETT BNR32 BCNR33 BNR34 スポーツタービンキット ふじさんめっせtuning car world showdown 2016チューニングカーワールドRE雨宮ORC エッチ・ケー・エス カキモトレーシング柿本改 ガレージ・ザウルス ケイズ スーパーオートバックス富士 BLITZ NATS 日本自動車大学校
2.8ℓ改550馬力!とのスペック。元々2.5で開発され2.7が限界と言わ
れたが 更なるアップが技術力の証。定番と言っても素人が開けられるよう
な代物ではない。ショップに依頼しても相当金は掛る。そこらのマニアが扱
える物でもなかったが 雑誌に「何百馬力」といった記事が出ると心トキめく
ものがあった。それらが道楽のモチベーションとなって働く意欲にもなった。
HONDA NSX KAKIMOTO Racing ふじさんめっせtuning car world showdown 2016チューニングカーワールドRE雨宮ORC エッチ・ケー・エス カキモトレーシング柿本改 ガレージ・ザウルス ケイズ スーパーオートバックス富士 BLITZ NATS 日本自動車大学校 TOP FUEL 零1000
BNR32と同時期の90年頃デヴューのNSXEFシビックSiがホンダの峠
最速車と言われた時期にNAのスーパーカーは驚きだった。バブル期で注
文が殺到し納車待ちで車輌価格800万円に更にプレミアが付いた古き良き
時代。ニュルブルクリンクもNSXとR32のおかげでこの頃から有名になった。
RX‐7FD‐3S 13B改20B ふじさんめっせtuning car world showdown 2016チューニングカーワールドRE雨宮ORC エッチ・ケー・エス カキモトレーシング柿本改 ガレージ・ザウルス ケイズ スーパーオートバックス富士 BLITZ NATS 日本自動車大学校 TOP FUEL 零1000
70年代の方に言わせるとL6の天敵は12A系ロータリー。…確かに首都高
バトルでも峠MaxでもR32とFDはイイ勝負。だがこのFDは20B搭載。当時
のロータリーはまだ少し煙を出したので 燃費や排ガス規制で限界と思われ
た頃 4ローター・26B搭載の787Bがルマン総合優勝を飾った。翌年レギュ
レーション変更。レースの成績が市販車に繁栄され難い時期に入っていた。
TOYOTA MR‐2 SW20 ふじさんめっせtuning car world showdown 2016チューニングカーワールドRE雨宮ORC エッチ・ケー・エス カキモトレーシング柿本改 ガレージ・ザウルス ケイズ スーパーオートバックス富士 BLITZ NATS 日本自動車大学校 TOP FUEL 零1000
バンパーダクトがリアエンジンの証。AE101風2本出しもカッコイイ。MR‐S
はなぜかオープンカー(屋根オプション)で何か違う。後ろに回ってもエンジ
ンは見せてない。もっとも更に後ろには「ゴルフバックが入る」と称する荷室
まで備える。その後3Aを熟成できなかったことにトヨタの迷走ぶりが伺える。
TOYOTA/SUBARU FT-86/BRZ 水平対向FA20改スーパーチャージャー
4AGが消えてまさか水平対向をトヨタが使う日が来るとは。それでもチュー
ナー諸兄の期待は大きい。こちらはスーパーチャージャー仕様。4AGにも
純正過給器仕様があったが後付けは動力の取り出し等がたいへんそうだ。
トヨタ・マークIIツアラーV(1JZ-GTE)X100型 GX10JZX10アッパーミドル(Dセグメント)SX90GX90ファミリーセダン(マークII・クレスタ・チェイサー)ハイソカー ローレル、セフィーロ走り屋(ドリ車)「ドリフト天国」コロナマークII ヴェロッサ クラウンアスリート
ツアラーVはJ型エンジン4WDで R32に近いスペックのマークⅡだが旧来
の高級車イメージが災いしチェイサークレスタと共にハイソ系ヤン車に堕ち
果てる。セルシオが出て以降はドリフト族。人気があったのは間違いない。
三菱GTO 6G72型 ギャラン三菱・スタリオン2600GSR-VRランサーエボリューション(LANCER Evolution 、ランエボ)VI トミ・マキネンエディション(Tommi.Makinen Edition)スタリオンGSR-VR(Starion)4WDラリーギャランVR-4エクリプス(ECLIPSE )
個人的に大好きなギャランGTO。北米向けのスタリオンやFTOとの棲み分
けが微妙だったがランエボ特にEVOⅢ辺りに一蹴されてしまう。何より三菱
はRVが超売れ筋だった。横置きV6は 90年代には重そうに見えたが今で
は普通。何かと物議を醸す三菱だが技術的には高度でオモしろい物も多い。
HKS-GTR VR38改ふじさんめっせtuning car world showdown 2016チューニングカーワールドRE雨宮ORC エッチ・ケー・エス カキモトレーシング柿本改 ガレージ・ザウルス ケイズ スーパーオートバックス富士 BLITZ NATS 日本自動車大学校 TOP FUEL 零1000
やはり地元(富士宮)のHKS様あってのイベント。感謝は尽きない。GT‐R
横にはVR38改4.3ℓエンジン。公道でチューンナップが非合法だった時代
から特に過給器で先頭を走ってきた業界の雄。私もMR‐2にレガリスを付
けていたがコスト・パフォーマンスの高い逸品だった。庶民の味方でもある。
スポンサーサイト

テーマ:オートサロン - ジャンル:車・バイク

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/1027-5cbf1d70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード