火薬御飯

Category :  オートバイ
tag : 
年末(大晦日)といえば 紅白でもレコード大賞でもなく、パリ・ダカール・ラリー
昔から決まっていた。以前は連日放送していたが 最近民放ではやらなくなった。
最近はレースの中継番組も減ってしまったが、パリダカは"別腹"だと思っている。
FZ750T_dakar86.jpg
1986年のパリダカにFZ750の名称で出場していたワークスマシン。その当時は
8耐が社会現象化していたため、FZ750といえば85年に出場したTECH21FZ750
のほうが 平忠彦&ケニー・ロバーツのコンビとも相俟って国内では有名だった。
現在ではアドベンチャーツアラーというジャンルが確立されているが、その頃は
カウル付、多気筒(4気筒!)しかも大排気量のオフローダーは稀で異様だった。

もともとパリダカにはWRCの様なレギュレーションも無く、バイクから乗用車や
バス・トラックや軍用車両まで入り乱れて走る 仮装行列の様なイベントだった。
このFZ750T(OU26)も ワークスとはいえ、そういう風情が残っている気がする。

べスパ・ラリーは有名だが、これはほとんど「命懸けのジョーク」だ。
vespadakar01.jpg
パリダカのべスパの画像では6~7台のワークス体制で出場している
様子が伺える。過去にはスーパーカブもいたらしいが詳細は不明。

あのぉ…それ↓ってロールスロイスなんですけど…。詳細はコチラのHP(英文)
rr0098.jpg
背景が海岸線ということは、ダカールまで完走してのウィニングランのようだ。

ここ数年、日本の自動車メーカーでは「資金が無いからレースを辞めた」という
暗い話題が増えている。元々宣伝のために出走していたはずが 「勝ち」に固執
するあまり、採算が取れなくなってしまったらしい。ただ日本勢がいなくなっても
こうしたレースやイベントは 相変わらず淡々と開催され 韓国やインドの自動車
メーカーが台頭してきている。採算云々よりも「盛り上げることに失敗した」という
理念と理想を履き違えた 日本人の"業”のようなものを感じざるを得ない。
スポンサーサイト

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/219-07370b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード