火薬御飯

Category :  ミリタリー
tag : 
多少のメカの心得があって レストアが少々商売になったことがあっても、
その程度のメカオヤジは日本中に腐るほどいるだろうし、その道のプロも
また無数にいるだろう。 だが海外にはもっと上がいる。欧米列強恐るべし。
↓近代的ではないが広い工場内で作業をする初老と青年。何か羨ましい。
IV号突撃砲-02
欧米は古いスーパーカーのレストアの技術も凄いが、これは戦車をレストア!?
タミヤのプラモデルを作っていた当時は、現存しない車両だったが スクラップや
近年 発見(発掘)された固体を含め、少なくとも2台は実在するIV号突撃砲戦車。
クビンカ博物館の展示みたいに素気ないですが、発掘現場からみると驚きます。

♪さらばーちきゅうよー、たびだーつふねはー…というのを実際にやってしまう
のが凄いと思う光景。 よく見ると特別な機材は使っていない普通の土木作業。
IV号突撃砲-04
IV号突撃砲ポーランドで発見という引き揚げ作業のHP。 聞くところでは、
こういう戦時中の遺物を専門に発掘する集団がいて、出土品を買い取る
バイヤー(古物商)がいる。さらに修復、復元をする職人までいるそうだ。

「明るい所でよく見たら程度最悪!」(曇)とヤフオクで評価されそうな画像。
これは水没車だ。普通のレストアなら この時点で完璧にヤル気が失せる。
1114.jpg
 上部構造物が取り払われている。手前にマイバッハV型エンジン、中央に
主砲の台座。その奥にトランスミッション。点検口の蓋からIV号戦車の車台
とわかる。材質が良いのか温度のせいか、以外と錆ていないように見える。
分解・点検中と思しき画像。ホント、"水没車"って見るのもヤダ!って感じ。

昔タミヤのプラモデルでこの突撃砲という兵器を見た時、駆逐戦車に比べ、
車体上部が異様に複雑な多面体で構成されている事に 少し疑問を持った。
その理由は、主砲を車台の中央に置きたいがための、パッケージング的な
要因だとわかる。名前の由来がそうであるように、突撃砲は砲兵科が運用
する自走砲であり、あくまで「砲」を主体に構築された車両なのだ。 後々に
運用が似てきた事と、生産効率上の互換性から統一(淘汰)されてゆく。

イタリアのクルマなんかを60年も水に沈めておいたら、跡形も無くなっている
だろうが そこはやはりドイツ車。因みにIV号突撃砲はダイムラー・ベンツ社製。
zdjecie01.jpg
部品毎にレストア中。今ならブルムベアにも改造できます。ドイツの設計に
そうしたモジュール構造が多いのはワーゲン等も同じ。 ただIV号突撃砲の
記録写真などに残る破壊された車両は、文字通り 木端微塵に吹き飛んで
いるものも多く、その基本設計の古さと 構造面での脆弱さを露呈している。

完成間近の車両。細かな装備品まで補われている。錆止め後塗装待ちの状態。
stug1-005.jpg
ミリタリーのプラモデルも、下地に赤茶を塗ると淡色系の発色が良いそうです。
それにしても、工具類やライトなどの装備品は、ストックでもしてがあったので
しょうか? 他の画像を見ると、どうやら戦車専門のレストアショップらしいです。
日本で言う所の、宮大工や伝統工芸士のような工房が海外にはあるようです。

60数年ぶりに発掘・レストアされた車体もあれば、戦後20年以上も現役で稼動し、
現在も保管されている個体もある。こちら↓は「III号突撃砲」でイスラエルに現存。
Ⅲ号突撃砲
敗戦国ドイツから戦後チェコスロバキアに接収され その後シリアに売却された後
敵国イスラエルに捕獲された…という数奇な運命を辿った車両。第三次中東戦争
の頃には いくらなんでも旧式だっただろうが イスラエル軍もスーパーシャーマン
が主力だった事を考えると 年式的には ほぼ互角の戦いということになる。

III号突撃砲IV号突撃砲とでは文字通りシャシが別物で車体上部がほぼ共通の
まま流用されている。兵器としてのスペックに ほとんど変りはないが 生産効率上
可能な選択肢の一つとしてクルップ社が試作し、軍に対して提案されたそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/240-aebbc8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード