火薬御飯

Category :  イベント
tag : 
まず会場内のBGMが中村あゆみ(時々けいおん!!)だったのが泣けました。
80年代といっても、二輪ブームの最中でもあり幅があります。主催がGK71
Bクラブ
様ということで、中期のレプリカ系、特にスズキ、ヤマハが多いです。
GSXR、RGΓRGVΓ
スズキといえば 今ではインドで軽自動車を作るメーカーになってしまいま
したが、嘗ては こういう高性能で贅沢な(物品税が掛った)マシンを作って
いました。当時、貧乏大学生だった私の愛車はホンダ・ビートでした。

ヤマハ系はFZOC様が大挙来襲。今回は私も其方の列の端にバイクを
並べました(会長サぁセン!) 。そこで気合の入ったカスタムをチェック…。
TZR250(1KT)80s Meeting2010
シート下がスカスカなところがイイ感じ。 空かさず タイヤの縁を見たがる
のが昔のトレンド。ハイト高めのタイヤが雰囲気に合っています。古風な
スタイルが逆に今風。CLUBMANって休刊でしたっけ?BBMも とっくに…

「これだ!こういう兵科が欲しかったのだ!」…FX400R等という不人気
車に乗っていた私には正に羨望の新鋭戦車。ツキギのアレーテ装備!
ZX-4(ZX400G)80s Meeting2010
ドクスダが4耐を制して有名になりましたが、90年代になると ゼファーに
ポン付けできるホイールだけ需要が高まってしまいます。 ご存知の通り
80年代はモデルスパンが(度々新型が発表されるため)恐しく短く、この
ZX-4も2年弱で姿を消します。既にレース界さえ新型競争に陥っていた
こともあり、後継のZXRのほうが 今となっては印象が薄い気がします。

大学の後輩がVFR400(NC21) の新車を買って喜んでいたら、半年後に
プロアーム型(NC24) が出たという話が いまだに語り草になっています。
さらにロスマンズ仕様。仕様と値段が話題となったRC30、そしてNC30。
VFR400R(NC30)80s Meeting2010
ほぼノーマル?というより、イジる所が無いのがホンダらしい?っていうか、
80年代は、未だノーマル至上主義の時期で、ヘッドライトをイエローバルブ
に交換するくらいが、ささやかな楽しみでした。マフラーを変えただけでも、
暴走族にされるのは、私自身経験済み。カスタムブームは90年以降です。

これも一頃たくさん走ってましたGPZ400R(四百忍者)。当時はF-3キットも
併売され、レースにも出ていました。600は海外でも大活躍だったそうです。
GPZ400R(FX400R)80s Meeting2010
オーナー氏は謙遜してましたが カラーリングも抜群。個人的に注目はレン
サルらしきバーハン。当時モノっぽい雰囲気を出してます。その頃は、今の
ようなトップブリッジが無く、オービックのブラケットで取り付け、車検の時は
ノーマルに戻していました。実はゼファーの極初期型も80'sに入ります。
スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

こんばんは
写真に写ってるNC30の者ですw
確かに80'のマシンは弄る所が少ないですね~
僕のマシンは'89式なんですが
フロントを後期('90以降)の物に交換してます。

まぁ、当時と同じで見た目より中身で勝負ですかw
2010/11/22 00:20URL  しゅん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/342-e874f607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード