火薬御飯

Category :  NEWS
tag : 
以前は御本尊流布は正宗寺院に行かなければならなかった。そのため
学生部の頃度々行っていたのが妙盛寺。住職の娘婿AA氏に少なからず
お世話になった。卒業後、静岡を離れたため この庫裏を見るのは初めて。
廣長山 妙盛寺 本堂 庫裏  (静岡市清水区草薙北3-11)
一方で御本尊流布などの儀式部分を宗門側が仕切っていたため、適度な
緊張関係が常に有り、不正や捏造を抑制していた。私自身は供養を迫られ
た覚えも無ければ、諸行事への参加を強要されたこともない。組織対組織
の摩擦は創価学会も嫌うところだが、総静岡には 今だに「打倒日顕!」を
喚く幹部が多数いる。そこには宗門への拭い難い積年の怨み辛みがある。

妙盛寺の庫裏が建立されたのは平成3年頃。既に宗門問題の後で用が
無くなってしまっていた。日寛聖人御真筆御本尊が発見されるまでの間、
大石寺蔵版の経典を使うことよりも、今後の折伏に一抹の不安はあった。

庫裏の奥にあるのが元々の妙盛寺。新入信の本流だけでなく、元朝勤行、
御講など 役員を含め一通りやってきたが、特に恨みを持つものでもない。
廣長山 妙盛寺 (静岡市清水区草薙北3-11)
寧ろ総静岡の創価学会員(特に婦人部)が忌々しく思っているのは、静岡
西布教区の信徒(法華講)が、極めて地道な折伏行に嬉々として邁進して
いることだ。聖教新聞も公明党もない彼らには、折伏こそが修行だからだ。
もっとも その精神とノウハウを注ぎ込んだのは宗門でなく創価学会だった。

旧静岡市側の「所属寺院」となっていた順妙寺。元々旧静岡市内にあった
日蓮正宗(興門流)寺院、専行寺が離反したことにより新たに建立された。
正縁山 順妙寺(静岡市葵区駒形通6丁目11-14 )
そのため 旧静岡市(旧静岡凱旋圏、葵総区・駿河総区)の御受戒・御本尊
流布は此処で行われた。清水常勝圏(=清水総区)側は妙盛寺。富士門流
の由緒ある古刹でなく、創価学会の影響下で建立された寺院と考えられる。

専行寺は かの有名な御法主上人猊下 阿部日顕の相承に反対して破門
されたが、現在では順妙寺とどっち着かずの(反創価学会の)立場にある。
法楽山 専行寺 (静岡市駿河区中田2-4-4)
この阿部日顕の相承問題は 以前から大石寺内にあったらしく、反日顕派
が結集してできた原理主義組織が正信会となる。これら血脈相承と教義の
俗化は、歴史上でも度々物議を醸す宗派対立の因縁であることを、教宣部
を名乗る幹部は翼々勉強して貰いたい。受け売りの指導を さも実体験の如
く吹聴していると、些細な与太話を大袈裟に解釈する悪癖が搗いてしまう。
スポンサーサイト

テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/586-a69ec688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード