火薬御飯

Category :  イベント
tag : 
アオシマのブースは例年ホビーショー会場(ツインメッセ北館)入り口左手
にあります。去年はNSR250R‐SP(88年型)、一昨年はカウンタック‐LP400
(ガレージ RUN&RUN) そして今年はランボルギーニ・アヴェンタドールだ!
ランボルギーニ・アヴェンタドール靜岡ホビーショー2012年
プラモとしては ムルシエラゴより見栄えが良さそう。スーパーカー・ブーム
の頃、カウンタックの実車(イタ車)は意外と外装がショボく、プラモでも充分
と思ってしまいましたが、ディアブロはアメ車、ムルシエラゴはドイツ車です。

カウンタックの実車を見ると、その”地を這う” 車高の低さに驚かされました。
2年前、ここで(久々に)見た時、「意外と小さい」ことと「内装もショボい」こと
が印象的でした。日本車が昔に比べ、変にデカく豪華になったせいでしょう。
ムルシエラゴもアヴェンタドールも 車高は低いのにデカく見えました。その
せいか 個人的にはガヤルドのほうが 昔の雰囲気が残っている気がします。

実車は フィットやラパンと違って、めったにお目に掛かれない車輌なので
1/24プラモが「リアルかどうか」は わかりません。むしろめったに見ること
がない車だからこそ、それを室内で眺めて悦に入るのが スケール・モデル
の楽しみ方でしょう。車もバイクも、「乗ってしまえば」外からは見えません。
アオシマ  1/24 ランボルギーニ・アヴェンタドール  靜岡ホビーショー2012年
タミヤの社長が言っているように 「実車と縮尺模型では、見る側の視点が
違う」ため、真横から覗き込む様に眺めたりします。70年代のブームの頃、
カウンタックのプラモデルは、そこら中のメーカーから出ていましたが、誰
も、どれが一番リアルか?を議論しませんでした。とりあえず…、タミヤの
ウルフ・カウンタック辺りが決定版だろう?と。アオシマも… 出してました。

アオシマのプラモで作ったのは、イデオンの重機動メカ・ガンガルブだった
と思います。その前にも ”アトランジャー”とか”合体カウンタック”など怪し
げな物も多数。それでも値段が安かったため 買っていく子も居たようです。

アオシマのプラモで よく覚えているのは キエフ級空母 ”ミンスク” でした。
(左下2隻)当時のウォーターラインに”現用”は珍しかったこともありました。
1 /700ウォーターライン シリーズ 靜岡ホビーショー2012年
このミンスクが対馬海峡を航行すると、マスコミが騒ぎになっていたことを
覚えています。VTOL機Yak-38(Yak-36M)フォージャーを運用するために
あったような空母でしたが、Yak-38の能力不足とソ連邦崩壊の煽りを受け
退役。ソ連空母が大好きな中国に買い取られ、遊園地されてしまいました。

ご存知の通りウォーターラインは タミヤ、ハセガワ、フジミ、アオシマの四社
共同で発売されていましたが、この中でも アオシマの”出来”が抜きん出て
悪かったのは紛れもない事実でした。ビスマルクやノースカロライナだけで
なく、連合艦隊の雪風飛龍まで作られてしまったのは 悲しい伝説でした。

ミリタリーやロボットのプラモを 卒業したと思ったころから、いわゆる ”悪い
友人”達がこぞってオートバイや四輪のプラモを部屋に飾るようになります。
アオシマ デコトラ 靜岡ホビーショー2012年
「俺のマシン」グラチャンデコトラなどのシリーズは 純真無垢な青少年
に、夢と希望を与えてくれました。昔は、国一や246を ホントにこんな電気
とガソリンの無駄使いが走ってました。今やったら…かなり問題でしょうね。

70年代旧車の集会に行くと 必ず西部警察レプリカを見掛けます。Z31が
発売されたあとも、このガルウィング仕様のS130(Z280)はカリスマでした。
アオシマ 西部警察 スカイラインRS スーパーフェアレディZ 靜岡ホビーショー2012年
”牙を抜かれた狼”C210系もあります。ただし私の乗っていたのはTIだった
ので、逃走する犯人諸共爆発させられていました。世界がオイルショックの
頃にぶつかったため、日産のコンセプトも二転三転します。新型のR31系
やや大人しめになってしまい R30‐RS人気はR32が登場するまで続きます。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/596-109ef725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード