火薬御飯

Category :  NEWS
tag : 
海外広布云々と言われても、あまりにも漠然としてます。この言葉自体は
総体的な意味合いで、折伏とは結局、” 一人対一人 ” 。 まして折伏人口
(折伏の経験者)の少ない総靜岡では、その方法を「誰かに聞く」 もままな
らず、ただ ただ、一人で 祈って、考え、やってみる!しかありませんでした。

この頃は、わりと自然に訳してくれる翻訳ソフトも充実していますが、それ
でも、いわゆる仏教用語などは、翻訳はおろか、現代語訳も出て来ません。
意訳(違約)しすぎて、間違って解釈されることが、一番マズいと思いました。
などと考えていると、概要の説明になってしまうのも違うことに気付きました。
surriya - capon   当時、折伏していたイギリス人。(創価学会)静岡文化会館(静岡葵文化会館)で勤行(題目三唱)した。男子部渡邊靖之ホテルアンビ・ア松風閣時代
あぁ!もう!めんどくさい!  結局、静文(静岡文化会館:現在の静岡
平和会館)に連れて行って、勤行をする所を見せてやろう!「俺は創価
学会という仏教徒なんだ!」と。彼女 サライヤ(Surriya Capon.イギリス
人)は、「今まで正座なんかしたことがない!と言って、一分も経たずに
胡座をかいてしまう始末。これは私の失敗でした。結局 題目三唱のみ。
それも発音を教えるところから苦労してしまいました。
スポンサーサイト

テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/604-3e4aba08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード