火薬御飯

Category :  オートバイ
tag : 
ものの本によれば、二輪・四輪両方を生産している企業は世界に3社しかない
そうだ。ホンダ、BMW、そしてスズキ。 地元という事もあってか、或はそのあり
ふれた名前のせいか、スズキというブランドは大衆的、庶民的すぎる気がして
昔から敬遠していた。が、ブランドだけがヘンに一人歩きをしているカワサキにも
この頃飽きがきてしまった。カワサキに乗っている奴が硬派だとは限らない。
実は硬派を気取るだけのタコ助が乗っている事も多い。
自分的に スズキの車や二輪が子供の頃から身近に在り過ぎて抵抗があった。
でも、この会社、控えめに見てもイイ仕事してるぞ…と最近になって思ったりして。

ヤフオクの現車確認のため拝見したセルボ。63年型くらい。ものすごく程度イイ。
ss40.jpg
「カネがなくても」マイティーボーイのほうが現存している固体は多い。
だからこちらは希少。この型のターボがあったことも、今では知っている
人も少ない…。”selbo is a turbo!”というTVCMがあった。

たぶん当時はボンバンが主流で、アルト47万円というコピーが氾濫していた。
4stになってからのアルトは、もう少し高値だったはず。それに派生型も多い。
ツインカム、ターボが別々に出て、すぐにアルトワークスになった。丸目になって
少ししてエンジンだけ660(F5A→F6A)になった。
セルボはこの型のあと、セルボモードになる。織田祐二がCMに出ていた。BGM
の題名が「歌えなかった…」のはずなのに「♪90'sの~」と歌っていた…失敬!。
若者イメージというヤツを出したかったのだろう。だが最近はその車に爺婆がよく
乗っている。それでもセルボモードもとても好きだ。

記憶が正しければ、初めて乗ったバイクは2stバーディ50。生垣に突っ込んだ。
原付免許を取って少しの間、親戚の姉さんのラブ・モリハナエというスクーターを
借りていた。 すごく遅かったが「スクーターとはこんなモンだ」と思っていたので、
同じ名前のラブⅢが出た時はかなり驚いた。文字通りの一世風靡…だと思う。
loveⅢ
 意匠の関係か後方排気になっている。外装を含め整備性もイイ。車体も軽く、
速い。JOGやDJ-1も速かったが、容的にこの丸目が気に入っていた。このあと
もっと速いHiが出てくるがCMはなぜか明石家さんまを使っていた。初期のレッツ
は鈴木蘭々だったり、国産6万円に菊川怜を使ってみたり、スズキの広告って
御茶目。だからよく憶えてる。

昔から仮面ライダー宇宙刑事もスズキのバイクのユーザーだった。
サイクロン号もサイバリアンにも”SUZUKI”という文字が誇らしげに輝いていた。
宇宙刑事ギャバンは普段はジムニーに乗っていた。だからというわけでもないが
行き着いた処の空冷四発はGSX系だった…。永い事カワサキの水冷だったので
今更Zやゼファーにも興味はなかった。ウィングや音符マークも以下同文。

1100はオタクっぽくて嫌い。キリンオタクはキモい。自分は唯でさえオタクだ。
750で充分。首都高のキングもヒデヨシも750だった…うむ、確かにオタクだ。

↓スズキの名誉のために解説するがこのバイクは滅多に故障なんかしない!
20070724.jpg
ガス欠だ。中央道笹子トンネル内。渋滞の名所で 空いていたのは勿怪の幸い。
信玄公の曰く「腹が減っては戦ができぬ。」 昔のバイクは重い。不動如山。

昔のバイクは部品一つ一つが凄く頑固にできている。スペースにも余裕がある。
よく"訳知り"が「スズキのバイクは電気が弱い」と垂れるが、電装品等はどこの
メーカーも同じ様なものを使っている。電装の部品が悪いワケではなく、艤装に
多少問題があるというだけだ。導通よりも振動対策が重点なのがこの時代。
その辺を対策すれば、一発始動・ウソみたいによく走るし、ライトも明るくなる。
無暗にアフターパーツにせずとも 移動手段としてなら充分過ぎるほど使える。
「低年式のノーマル」というヤツは、そういう自慢のネタにもなったりする。
以前、カスタムに凝った時期もあったが、これはこのまま乗りたい…と思う。
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/61-edc2b399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード