火薬御飯

Category :  イベント
tag : 
最近のクルマはよくワカリマセン。ただ昔の様に、ローンで新車を買った
途端に、新型が出た!なんてことが無くなったのは イイ事だと思います。
トヨタFT-86 shizuoka auto style
実物を見るのは初めてのFT-86。実は ブルメタのスバルBRZを探したけど
見つからなかったのでコチラ。 4AGを積んで無ければ、インプレッサと同じ
だと思うので。 ボンネットとルーフのカーボン調が 柄か本物かは もはや大
した問題ではないでしょう。こうなってくると アルテッツアって何だったんだ?

AE-86が現役の頃は、マフラーは勿論 ホイールなどを代えたら”絶対に”
車検を通らない時代。しかも「一年車検」のため、充分乗れるのに、諦めざ
るを得なかったり、「整備不良」で 廃車にされた車体は多かったはずです。
トヨタ vits ヴィッツ shizuoka auto style
昔は およそ考えられなかったディーラー・カスタム。 改造車というヤツは、
普通のクルマを、如何に「それっぽく」見せるかに心血を注いで、金と時間
を浪費する道楽でした。競技車輌(ラリー・GT)の様に 大きな音のマフラー、
小さいハンドル、硬いシート。それが定番となって 受け継がれて行きます。

ドノーマルだとバカにされた時代もありました。景気のせいでもありますが、
昔は パソコンや携帯が無かったので、車やバイクに金を掛けたんでしょう。
その当時の(先輩方の乗っていた)スタイルが、モチーフとなって 現行車
に刷り合わされていきます。悪戯なチューンアップよりもドレスアップ重視。
トミーカイラ プリウス shizuoka auto style
もっとも、異様なハイメカのハイブリッドなど弄る所もありません。だから…
あまり好きではありません。元々、絶対的な性能が欲しかったワケでもなく、
スペックを自慢したかったのが本音でした。 峠や、ましてサーキットなどに
連れて行かれたら、「ウデ」がバレてしまいます。シグナルGPで充分です。

業界の努力もあって、”公認”の門戸が開かれ、認知度も上がり 市民権を
得たと思ったら萎んでしまった…サブカル(若者文化)とは そんなものです。
スポンサーサイト

テーマ:トヨタ車 - ジャンル:車・バイク

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/613-a9cda8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード