火薬御飯

Category :  オートバイ
tag : 
この時期KROG公式サイトに年間のイベント予定が発表されると憂鬱になる事が
ある。数年前、失業手当を貰いに行った帰りに止まったまま動かなくなった自分
のKRの事だ。原因不明のままここ数年間、実家の倉庫で寝たままになっている。
早く直さねば!と気ばかり焦ってみるが、こういうモノって一度モチベーションが
堕ちる手が付かない。何かお茶を濁すように毎回違うバイクで行っては いかにも
古参の様な顔をしているのは如何なものか。イイわけないだろ!
  …金や時間の問題じゃないんだ。ヤル気の問題なんだ。

10年以上前 ヤフオクはおろかネットも少数だった頃 輸出業者から勢いで購入。
昔は(当時は)買い逃したら、あとが無かった。だから後先構わず買い漁った。
KR250S.jpg
少なくともこのKR↑(書付不動)は当りだった。キャブO/Hだけで取り合えず始動。
KRの美点の一つは、このキャブレターの整備が異常に楽だ!と言うに尽きる。
プラス螺子2本緩めれば、キャブ本体が外れる。タンクもサイドカバーも外さない。

当時は この程度のポンコツを少しずつ直していく…というのが定石だったと思う。
確かに本体は輸出業者から1万円で買ったが、例えば 前後タイヤ交換、フロント
フォークのO/H(シール類やインナーチューブの交換)、バッテリー、電気部品、
ブレーキパッドやチェーン、油脂類など、徐々にやっていくとはいえ、トータルでは
20万円近く掛かっていたことになる。「趣味」と言ってしまえば それまでだが。

昔(10年くらい前)は そんなモノだったかもしれない。だからバイク屋はボレた。
その後、こうしたボッタクリ商売を自分でもやったため、少々冷静に考えてしまう。
車検や保安基準が緩和されたにしても、クレーム対応などは逆に喧しくなった。
あまりボロいバイクやクルマは、自分が乗るにしても堂々とは走れない。
ちゃんと情報があって、ある程度の実働車が手に入る今なら無闇なレストアは
人様にはお奨めしない。かえって高く付くし、安全や外観にも気を使うべきだ。
また、この一台を作るために 大量の中古部品で部屋がゴミ屋敷になった。

上の写真から1年後くらい。見るも無残に改造された同じKR250S。オレの…
KR250S-2.jpg
こんなワケのわからない誰ピカ現代アートで 蔵王や明石まで走り回れたのは、
巷が第一次TWブームだったからだろうか。 因みに後ろにはナンディ小菅氏の
NSRが写っている。カスタム・バーニングで特集された車両だった。(自慢)
流行り廃りでヤルものではないとはいえ、この仕様で"今"走る勇気はないナ…。

今なら極力ノーマルで、程々にキレイな(少なくとも清潔な)車両にしたい。
当時モノに拘る趣味はないが、古い車両に乗る意義は残しておきたい。 よくいう
進化版とか、古いバイクに現代風のカスタム…的なZやカタナに多い能書は嫌だ。

KRに限らず古いモノには何かしらの原体験がある。それはトラウマかもしれない。
これを書き始めると個人個人、本一冊分くらいの思い出話になってしまうだろう。
オジンの退屈な昔話は別としても、実働車両として生き残っているバイク、KRの
場合は20年以上経過しているわけだが、それが動いているだけでも奇跡に近い。

実はそれが"自慢"で、この複雑怪奇なエンジンのバイク(KR)に乗っていた。
…あまり、美しい話ではないな。
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/62-03fb8c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード