火薬御飯

Category :  NEWS
tag : 
6・30「学生部結成記念日」は、…OB以外、四者にはほとんど知られて
いません。でもこの時期はもう 7・11「男子部の日」に頭が切り替わって
ますね。佳節とは到達点であり出発点。七月は「獅子吼拡大月間」です。
青年学会拡大の年7月 男子部 獅子吼拡大月間 創価学会 静岡葵文化会館 予定地  静岡総県総静岡葵総区 
昭和廿年七月三日、小説「人間革命」は この日から始まっています。「出
獄と入獄の日に師弟あり」「七月の三日を祝さむ師弟不ニ」… 幸い入った
ことはありませんが、この蒸し暑い時期に、しかも戦中戦後の獄舎たるや
如何許かと感傷に耽ります。「読書は 作者の時代背景も読み解け」 それ
無くして師弟不ニもありません。「七月の三日忘れじ富士仰ぐ」とは、夕張
から東京に戻った池田先生が、空路大阪に向う時の句かと察せられます。

会長 ”山本伸一” だったら、工事の現場で 「暑い中 御苦労様です。」とか
労いの言葉を掛けたりするところでしょうか。青年の月、壮年婦人が下手に
気張ると熱中症も心配。「出獄」の7月17日に続き、22日は「未来部の日」。
青年学会拡大の年7月 女子部 幸福拡大華陽満開月間 創価学会 静岡葵文化会館 予定地  静岡総県総静岡葵総区 
一年後に開館予定の静岡葵文化開館 建設現場は鍬入式が行われた所
に盛り土がされています。SOKAnetの完成予想図は こんな位置関係だと
思われます。先生が度々云われるように、建物や伽藍が宗教の権威を示
すものではない。随力弘通に励む同志が集うからこそ、建物も荘厳になる
と言われています。総静岡が「説の如き修行」に邁進されん事を祈ります。

七月の「青年の月」に続き、八月は「未来部躍進月間」になります。折しも
イジメ問題が再浮上し 教育現場の荒廃がまたしても衆目を集めています。
制度改革や補助金などの政治的方策が 既に万策尽きていることは明白。
奇しくも、戦前、貧困層の未就学児童を擁護し、地域の有力者等から度々
異動を迫られたという牧口先生の教育実践が人間革命に掲載された直後。 
青年学会拡大の年 「青年の月」7月開幕 創価学会 静岡葵文化会館 予定地  静岡総県総静岡葵総区 
池田先生は教育を「生涯最後の事業」と位置付けられ、いわゆる人間教育
に全魂を傾けてこられたのは、学会員ならずとも周知の事。こうした事象に
対し、弟子たる我々は、これまでに実に様々な知恵を 師匠から託されてき
ました。本来、こんな話は 母親である婦人部が率先すべき案件。ところが、
母性どころか、民衆蘇生の座談会で、立正安国を公共事業のネタに故事
付け、不安を煽る婦人部担当幹部に、”創価の母”を見る事はありません。

だから、ではありませんが「女子部の日」「白蓮の日」「鼓笛隊の日」などは、
何処かの御書根本「教学で立つ」信心強情な女子部に御任せします。一点
だけ、五百旗頭復興委が紹介した「人の不幸の上に、自らの幸福を築くな」
という引用は、創価女子学園の建学の精神、理念にもなっていたはずです。
スポンサーサイト

テーマ:創価学会 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/622-48bfcf9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード