火薬御飯

Category :  NEWS
tag : 
2015年(平成27年)は、2001年から2050年まで7年ごとの前進を期す
第2の「七つの鐘」の3番目の鐘が鳴り始める節目に当ります。 SGI(創価
学会インターナショナル)発足40周年(1月26日)、第三代会長就任55周
年(5月3日)、学会創立85周年(11月18日)の佳節を刻む年でもあります。
世界広布新時代躍進の年 テーマ 座談会 創価体験談大会 SOKAチャンネルVOD
私事ではありますが2014年の総括から。かなり以前から企んでいたことで
「自分で折伏した者だけ集めて会合を開く」という目標がありました。今年秋
くらいから実行しています。と言っても私を含め計3名。内1名の数年前入信
した友人は去年の任用に続き今年は青年教学3級に合格。もう一人は未入
信ながら共に勤行唱題に励み年末に就職が決定。数年来のニートから脱出
を果しました。私が連れて来る新来者に地元幹部等の評判は芳しくありませ
ん。彼等には「俺は貧乏人と病人の集りを作ったんだ!」と言ってやりました。
世界広布新時代躍進の年 テーマ 平和・文化・教育運動 年間主要行事
私の成果ではありませんが現在お世話になっている2地区は両地区共年度
早々に「フォートレス地区」を達成。私の母の居る地区では 多宝会の方々が
奮起。地区大会に3名もの新来者を結集するなど近年に無い大折伏戦の一
年でした。個人の下種折伏は地味で時間の掛るものです。こうした第一線の
地道な労苦はもっと顕彰されるべき。「影で戦う人に光を当てる」ことが大事。
創価学会 静岡文化会館「世界広布新時代 躍進の年」静岡葵文化会館(葵総区)静岡平和会館(駿河総区)清水平和会館(清水総区)焼津平和会館 藤枝文化会館 下田牧口記念会館 総静岡会合座談会Soka Gakkai(SGI)公明党静岡県連(公明党静岡県本部葵選挙区)高田好浩たかだよし聖教新聞啓蒙SOKA‐net壮年部Facebook婦人部日蓮正宗大石寺法華講顕正会
本部や池田先生と呼吸を合わせて行くことが「師弟不二」の要諦。そのうえで、
地域や組織、個人の実状に合った戦いを組んでいくのが異体同心。先ず自分
が率先するため自ら信心を磨き更なる向上を目指すのが求道心。明年も盛り
沢山の行事を全て完遂するのは困難かもしれません。それでも、自分や家族、
部員さんの宿命転換や人間革命をお手伝いさせて戴くのが使命だと思います。

「世界広布」と言っても先ずは自分の足場から。さすが男子部の活動大綱は
具体的。「創価体験談大会」や「全国男子部幹部会」など地道な家庭指導や
結集の戦いから御書や学会史の研鑽まで…焦らず慌てずやっていきましょう。
2015年(平成27年)男子部の活動 SGI(創価学会インターナショナル)発足40周年(1月26日)第三代会長就任55周年(5月3日)学会創立85周年(11月18日)
それに比べ壮年部は「去年と同じ」に見えますが「今更わかっているだろう」
と言われている気もします。泰然自若?青年の気概?私はエラい幹部でもな
ければ教学力も無い。今年も来年も、自分の身体(カラダ)を動かす以外あり
ません。それが無ければ誰も動いてくれませんから。そのために先ず「健康」。
2015年(平成27年)壮年部の活動 SGI(創価学会インターナショナル)発足40周年(1月26日)第三代会長就任55周年(5月3日)学会創立85周年(11月18日)
正直言って、女子部の戦い方等に口出し出来る立場でもありませんし地区
などでお見受けする機会もありません。ですが「無関心が一番悪い」と牧口
先生も仰っているので女子部の年次活動(ロマン総会ですか?)とか「永遠
の五指針」くらいは頭に入れて座談会で知ったか振りしてみたいと思います。
2015年(平成27年)女子部の活動 永遠の五指針 朗らかな幸福の太陽たれ 世界一の生命哲学を学ぶ 何があっても負けない青春 正義と友情の華の対話を 永遠に師弟勝利の門を開く 
大白蓮華 2014年11月号 池田先生の巻頭言は「白ゆりと華陽のロマンの
物語を!」。この中で名誉会長は「創価の婦女一体の『喜びの物語』『希望
の物語』『ロマンの物語』は、いよいよ楽しく賑やかだ。世界広布新時代の躍
進の門は、ここに開かれた!」と強調。静岡総県婦人部の躍進に期待します。
2015年(平成27年)婦人部の活動 実践の五指針 祈りからすべては始まる わが家は和楽の前進 後継の人材を伸ばす 地域と社会を大切に 生き生きと体験を語る
「歳を取ると、一年経つのが早い」とよく言われます。黙っていれば新聞啓蒙
と選挙の集計だけで協議会も座談会もマンネリ化し、青年は転出し高齢者が
次々と消える様に亡くなっていく…こんな組織を(残念ながら)よく見掛けます。

御書に「須く心を一にして南無妙法蓮華経と我も唱へ、他をも勧めんのみこそ、
今生人界の思出なるべき」とあります。思うに、大聖人の時代には組織も部も
なかったはずです。権威も役職もない私ですが、一信徒として良心に恥じない
下種と実証の一年を過ごすことができれば、それ以上の果報は望みますまい。
スポンサーサイト

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/631-47c6b1ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード