火薬御飯

Category :  NEWS
tag : 
「人生地理学」第四章で 伊豆半島は、「火山岩の噴出によりて形成」と
説かれ、蓮祖の時代は流刑地として、江戸時代には海上交易の要衝と
なり、戦時中には特殊潜航艇の基地など 国防上の拠点にもなってきた。
伊豆半島  創価学会 下田牧口記念会館 静岡県下田市須崎
昭和十八年七月。御高齢の牧口先生に 盛夏は堪えたであろう。地理学者
の先生は、或いは 御自分の学説を検証しながら 天城を歩まれていたのか。
4日に蓮台寺で座談会を行う。伊豆急に乗って移動されたか、5日に下田で
座談会。同日は須崎の御友人宅へ一泊。翌6日午前 下田署に連行された。

「牧口」の名を冠された文化会館は、全国に数ヶ所しかない。東京、柏崎と
此処 下田記念会館。柏崎は牧口先生の御生誕地だが、此処下田は法難
に合われた所。他にも伊東や熱原(富士)など、実に静岡は「法難之地」だ。
創価学会下田牧口記念会館 静岡県下田市須崎
記憶が定かではないが、以前 池田先生がスピーチの中で この下田牧口
記念会館を紹介され、「皆さん!行きましょうね!」と 言われたのを覚えて
いる。「道の遠きに心ざしのあらわるるにや」と御書にもあるが、近くだから
何時でも行けると思ってしまえば、行かないと決めたのも同じ。「今日やる
べき事は 今日やろう!」 。当然 興味本位であって活動でも体験でもない。

逆に、「夏期講習」の様な研修で来ていたら、ガチガチに構えて来ることに
なるだろうから、景色を愉しむ余裕もないだろう。「来ました!」というだけ…。
創価学会 下田牧口記念会館 静岡県下田市須崎
69年前が どんな様子だったかは知る由もない。中には、職員の方もいる
ようだし…執拗に覗き込んで 商売仇のセンサーやカメラに映るわけにもい
かない。 黙って撮影させてもらって、題目三唱の後 遺徳の地を後にする。

記念会館から 少し離れて缶珈琲で一服。須崎は下田から さらに沖に突き
出した半島部だが 多摩丘陵を連想する閑静な地域。皇室領である御用邸
もあるから、防犯や治安面は下手な ”民間” など 口を出すのも憚かられる。
下田港 須崎 創価学会 下田牧口記念会館 静岡県下田市須崎
戦中とはいえ、官憲は高齢の学者一人をよく此処まで追い掛けて来たもの
だ…と呆れること頻り。それも陛下の御名において遂行されていたのだろう
が 思想犯という目に見えない力を持つ者は、錦の御旗の下でも脅威だった
事を裏付けている。伊豆地は常にそうした歴史の荒波に曝されてきた場所。
スポンサーサイト

テーマ:創価学会 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/637-b8efc4c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード