火薬御飯

Category :  オートバイ
tag : 
AR-50が初原付だった私にとって、KS-Ⅰ(KS-Ⅱ)はオモチャにしか見え
ませんでした。AR-50(規制前2型)に乗り始めた頃には既に中免に通い
初め 60km規制のおかげで査定が良かったARを下取りに250に乗り換え
ますが 原付の軽快感が忘れられず 一年後MBX80に戻ってしまいます。
カワサキ KS-Ⅱ Kawasaki KS-ⅠKSR-ⅡKSR-Ⅰ
久々に見たKS-Ⅱ☝は 程度極上!…カワサキに乗っていた方なら分かる
と思いますが、コレだけ残っていれば 極上の部類でしょう。 樹脂類の劣化
やマフラーのサビ等も少ないほうだし、シートや純正タイヤも残っています。

状態を確認して 値段を聞いて、修理のシュミレーション(皮算用)しながら
原価の計算などしていたら、後から来た別の業者さんに 大人買いされて
しまいました。こういうブツは直感勝負。どうせ転売目的なのは御互い様…。
AE50-002.jpg
KS-Ⅰ/KS-Ⅱの空冷エンジンはAR-50/80と同型ですが、そのコンセプトは
AE-50に近いのではないかと思います。 このAE-50の直接のライバルは、
DT50やTS50Wではなく、ミニトレや空冷ハスラーなどのレジャー(死語)
バイクでしょう。80年代はオフローダーも過激な路線に突入していました。

人気の有る・無しはブームの時代の話。今となってはAE-50など知名度
そのものがありません。個人的に思い入れのある人は、すでに入手して
いるかもしれません。そのためフリマなどに持って行っても売れ残ります。
天竜川フリーマーケット(天竜川部品交換会) カワサキAE50 ヤマハRD50 パッソル イブスマイル …
伝説の天竜川部品交換会での我がブース。AE-50は疎か パッソルまで
売れ残ってしまいました。 「アノ時 買っておけば…」というのは後の祭り。
希少なマシンも相変わらず海外に流出し続けています。 「欲しいもの」は
即ゲット。やりたい事は生きてる内に。ポンコツは墓迄 持って行けません。
スポンサーサイト

テーマ:KSR - ジャンル:車・バイク

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/670-24ae5f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード