火薬御飯

Category :  アニメ・特撮・映画
tag : 
月間モデルグラフィックス誌の 「宮崎駿 雑想ノート」は、ガンプラさえ旬を
過ぎた90年代にはかなりマニアックな内容だった。 同じ出処の「紅の豚」
が、日本航空の機内上映用という ジブリの中ではカルトな存在と思ってた
ので 堀越二郎博士をモデルとした本作には、驚き、感激し、期待している。
Kaze Tachinu (風立ちぬ, The Wind Rises ) Studio Ghibli 堀越二郎 CV庵野秀明
主人公のCVはエヴァで有名な庵野秀明。これを「下手」とか「合わない」と
評するのは野暮というもの。 ユーミンのBGMが耳に付く。こういうサブリミ
ナル的なCMがジブリ的。 日の丸の飛行機が出てくれば 半島と大陸の国
が文句を言いたがる。この時期に 敢えて神経質なジャンルで挑む監督は、
何を伝え残したいのか。趣味もあろうが 娯楽よりメッセージ性の強い作品。

戦前の日本の工業力は 今では想像も付かないほど低かったという。特に
海外からの圧力もあって 原材料の不足と材料工学の遅れから 欧米並み
の小型で精密な発動機が生産できず 飛行機のパッケージングに苦労した
ことが 雑記ノートにも記されている。これは戦車などにも言えることだった。
 ”Kaze Tachinu”  風立ちぬ, (The Wind Rises) 三菱飛行機 堀越二郎
そのうえ、アメリカのような資本主義下の効率的な組織もなければ、ドイツ
やソビエトのようなトップダウンも期待できない、封建的で非効率な軍部が
常に脚を引っ張る。 豊かでも自由でもない中で、淡々と日々を生きる人々
の地味な描写を取り込みたい監督の熱意が、「宮崎流」日本の原風景と共
に伝わってくる。当時を知らない世代にも、何か呼び起こされるものがある。

モデルとかモチーフとか 史実に忠実でなくても エンターテイメント重視の
映画は海外には昔からある。 だから 多少の脚色はノープロブレム。歴史
認識 云々と言われるまでも無く「紫電改のタカ」を宮藤芳佳にしてしまった
時点で怖いものは無くなった。この手法こそ ジャパニメーションの真骨頂。
 ”Kaze Tachinu”  風立ちぬ, (The Wind Rises) ジャンニ・カプローニ伯爵  堀越二郎
堀越少年の夢に登場するカプローニ伯爵は 史上初のジェット機奇怪な
ダクテッド・ファン機
など「宮崎監督好み」の飛行機を多数作ったイタリアの
偉大な発明家。堀越の設計はむしろ堅実で保守的なものだったので この
師従する少年は宮崎監督自身か。その他にも 数々の名機を作りながらも
反ナチズムを掲げたため 迫害された発明家 フーゴー・ユンカースも登場。

バブル真っ只中の1990年代はアニメはやや下火だった頃。テレビはトレ
ンディドラマやバラエティが主流。アニメも 未だスペース・オペラやロボット
などの近未来&メカモノから抜け出せていなかった。だから「紅の豚」のよ
うなトラッドは かなり異色。ジブリは寧ろ再放送の後くらいから人気が出る。
紅の豚 ”Porco Rosso” 1992 ალისფერი ღორი Порко Россо 붉은 돼지 Szkarłatny pilot
今見ても全く古さを感じさせないのは クオリティーの高さも然ることながら
シッカリした設定やストーリーの面白さもある。「紅の豚」は 高度成長期の
ワーカホリックやバブル期の企業戦士ならずとも、オトコなら誰もが憧れそ
うな マルコ・ファゴットのラテン系世捨て人的 自由奔放な生活感が印象的。
Porco Rosso ”紅の豚” 1992 ალისფერი ღორი Порко Россо 붉은 돼지 Szkarłatny pilot
ラストシーンでホテル・アドリアーナの上空を飛ぶピッコロ社のジェット飛行
艇。スラットやファウラー・フラップが細かく描かれ 監督の造詣の深さが伺
える。ガルパン劇中でもポルシェ・ティーガーの描写など 「雑想ノート」を参
考にしたらしき設定があった。やはりミリタリーオタクにも 宮崎作品の影響
は大きかった。 「紅の豚」の敵役 ミッキー・カーチスのモデルは、日本でも
お馴染みの ジミー・ドーリットル中佐ではないか?というのが個人的見解。
スポンサーサイト

テーマ:スタジオジブリ - ジャンル:映画

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/735-52c5b4e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード