火薬御飯

Category :  オートバイ
tag : 
物の本によればGSX750Sの発売は1983年3月下旬。発売から今月で
30周年となる。 その数年前から 例のショーモデルやプロトタイプが公開
されていたこともあって 何時を生誕とするかは微妙だが、世の中がバイク
ブームと並行して 社会問題にも向って行ったのは この頃からに違いない。
SUZUKI GSX750S katana 「裏六甲のウンチー二」  スズキ GSX750S カタナ 「首都高の青い鳥」 MARK IS 静岡 (マークイズ静岡)
この車両も入手して10周年になる。都内在住の前オーナー氏がピカピカに
磨き上げた極上車は、私が10年乗り回す間に…(以下省略)。せめて機関
は好調を維持すべく、モディファイを重ね、去年走行30,000kmを機にタペット
調整に挑む。…と、燃調が一気にリッチに振れ 煙が出るほどカブった。これ
までのヒドいオーバーヒートは、タペットとバルタイの狂いだったとわかった。

キャブセッティングを ニードルとスクリューで濃く、プラグはノーマル2段上
げの9番。さらにオイルクーラーを付け、やっと走っているという有様。それ
でも東北関西遠征に大活躍してくれたのは、私のウデでなく 単なる偶然。
タペットクリアランス調整シックネスゲージSUZUKIスズキGSX750Sカタナ刀KATANA
マニュアルはない。ネットで調べても数値はマチマチ。一応IN/EX共0.1mm
に合わせた。濃すぎるのはすぐにわかったが リーンに振るのは慎重。でも
結局キャブセッティングはノーマル、プラグも7番のマニュアル値に落ち着く。

試験走行は今月から配属になるMARK IS 静岡(マークイズ静岡)へ 深夜
のツーリング。 開店は来月4月中旬だが、通勤のコースと距離を測るのが
目的でもある。始動も吹け上がりも悪くない。やや寒い春先が セッティング
や「慣らし」には調度良い。仕事が忙しくなりそうなので今の内にやっておく。
SUZUKI GSX750S 「裏六甲のウンチー二」 スズキ GSX750S カタナ   「首都高の青い鳥」  MARK IS Shizuoka (マークイズ静岡)
2年前の酷暑の夏、この隣り 静岡ホビーフェアの会場でガンダムのグッズ
を売るアルバイトをしていた。結局就職できず 一旦は新聞配達員に戻った。
それから10ヶ月 ガンダムの後ろに建っている某社勤務の友人に拾われた。
なにかと御縁のある東静岡が最近ちょっと好きになってきた。GSX750Sを
停めていたらニュートラルランプが切れている事に気づく。今年はFZR250
(爆音小僧ケニー・ロバーツ号)が主力になりそう。GSX750Sは今だ要調整。
スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/804-36ed4651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード