火薬御飯

Category :  オートバイ
tag :  NEOPASA清水
これからの季節に真価を発揮するんじゃないかな。雪国と云わずとも凍結
や僅かな降雪で二輪車を走らせるのは死ぬほど怖い。つい先日の豪雨の
日も水没寸前の ”水たまり” をスクーターで横切るのは実際命懸けだった。
YAMAHA TRICTY125 ヤマハ・トリシティ 125 NEOPASA清水
フロントが「取られず」にリアがグリップさえしてくれれば、バイクはなんとか
前に進んでくれる。例えば リアタイヤがパンクしても どうにか走れるがフロ
ントのパンクは走れたものではない。四輪と二輪は前後輪の機能の役割分
担が違う。こういうバイクで 「攻める」ことを考えて乗る達人も居ないと思うが
案外「突っ込める」のかもしれない。実は ものスゴく速い乗り物だったりして。

子供の頃近所にメッサーシュミットKR200があったのを覚えている。だから
メッサーシュミットとは戦闘機ではなくその妙な三輪車のことだと記憶してい
た。Bf109やMe262を知ったのは 遥か後の事。KRはカワサキレーシング
ではなく カビーネンローラー(キャビンスクーター)の意。「となりのクルマが
小さく見えま~す!」などという差別用語が流行語になった頃 オート三輪に
も見劣りする古い機械の持ち主は余程の変り者だろうと思っていた(失礼!)。

比較の対象が適当ではないがタイヤの配置は同じ。戦後の復興期に欧州
で大流行したカビーネンローラーは4輪(ー1)的な乗り物のためフロントに
ヨーの舵角は付くがリーンはしない。サスが働き車台を水平を保とうとする。
YAMAHA TRICTY ヤマハ・トリシティ NEOPASA清水
トリシティは二輪と同様(教習所で教わった通り)車体を傾けて曲がる。が
フロントが二輪なので初心者には怖い「握りゴケ」のようなトラブルは大幅
に減りそう。無論過信は禁物だが どんな乗り心地なのか興味は尽きない。
スポンサーサイト

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/862-3f1883a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード