火薬御飯

Category :  ミリタリー
tag : 
先月お伺いした時は あいにく九五式軽戦車はお台場に出撃中。展示もお
休み。「帰ればまた来ることができる」などとボケながら撤退。今回が年内
最後のチャンス。前回バイクでは帰路が辛かった。母から借りた局地戦用
スズキアルトはカーナビも無く地文航法で246から「進路」JR南御殿場駅!
九五式軽戦車ハ号 御殿場(株)カマド自動車 NPO法人防衛技術博物館を創る会
秋山ゆかりん曰く「戦車の聖地」御殿場にBGMのせいもあってガルパン1話
の戦車喫茶「ルクレール」を思い出す。九五式軽戦車を眺めながら社員様と
談笑などさせて戴いて恐縮。一昨年あたり静岡ホビーショーに鎮座していた
九五式と同個体。実物大レプリカだが映画「ザ・パシフィック」撮影用大道具
とあって「こいつ…動くぞ!」。御殿場は雪も降る。コレで走ったら楽しそう!

軽戦車といってもやはりそれなりにデカい。四方を睨む機関銃が自分の方
を向いているようで圧巻の迫力。九七式中戦車等と共に歩兵支援の目的
で開発されながら大戦中期以降は対戦車戦に駆り出されたため史上の評
価は高くはないが開発時期を考えれば基本形はよく纏まっていると云える。
社長の小部屋 - カマド 九五式軽戦車ハ号 御殿場(株)カマド自動車 NPO法人防衛技術博物館を創る会
むしろ戦前の日本の未だ低い工業力や日本が置かれた国状を考えるなら
前型八九式中戦車等と共に苦労して国産化に漕ぎ着けた意義は歴史的に
も非常に大きいと思う。日本工業界の黎明期 日本人が古来持つ職人気質
と(語弊はあるが…)大和魂が融合し昇華した技術者魂は 敗戦を経て戦後
開花し世界を席捲する。徒らに輸入や低俗な模倣に頼らず痩せ我慢と不利
を承知で造り上げた作品は先人の意思を今に伝えるタイムマシンの様な物。

博物館を名乗るのは伊達ではない!陸上自衛隊の歴代戦車や戦前から
戦後、そして今に至る装備車輌の一覧や試作車の写真など貴重な資料が
唸りを上げている。説明書きをめったに読まない吾輩でさえ立ち止まるどこ
ろか行ったり来たりのガン見。普段使わない脳の容量の少なさが恨めしい。
社長の小部屋 - カマド 御殿場 NPO法人防衛技術博物館を創る会 陸上自衛隊 60式自走106mm無反動砲 61式戦車61TK 74式戦車74TK 90式戦車90TK 10式戦車10TK (警察予備隊/保安隊)戦車 M24チャーフィー M「24特車」M4A3E8シャーマン「M4特車」M41ウォーカー・ブルドッグ「M41特車」
さすが「ケッテンクラート解体新書」を著述された社長閣下。資料の収拾か
ら表記方法まで適確で実にわかりやすい。すでに単なるミリオタなどでなく
ジャーナリステックな歴史学に突入。朝日新聞は見習え!余談だが子供の
頃74式戦車を初めて見た時の感動は今でも忘れられない。スーパーカー
ブームの頃 国産車が凄くダサかった時期に 「こんなカッコイイのを日本も
作ってるんだ!」と。子供に国際情勢は関係無い。「カッコイイ」ことが全て。
社長の小部屋 - カマド 御殿場 NPO法人防衛技術博物館を創る会 シュビムワーゲン キューベルワーゲン ケッテンクラート ジープ 他
展示車輌は九五式軽戦車の他にもケッテンクラート、キューベルワーゲン、
シュビムワーゲンなど。やはり我が国の工業遺産には特段惹かれるものが
ある。戦争や国状の賛否よりも機械としての成り立ちや時代背景に興味は
尽きない。「過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となる」 自国
の歴史を知ることは今や世界標準。温故知新。「我々は歴史に中にいる」。
(株)カマド自動車 NPO法人防衛技術博物館を創る会 社長の小部屋 - カマド 九五式軽戦車ハ号 御殿場
まして中国・韓国は兵役があるため 若者が戦車に興味を持つのは当り前
という。残念ながらその点 日本は遅れをとっている。「彼を知り己を知れば
百戦して殆うからず」 陳腐な世論に負けて我々まで卑屈になる必要はない。
終戦から70周年の2015年、乗り物の事故と不祥事が絶えない何処かの
国に「正しい歴史認識」とやらを教えてやるためにも此処は大人も子供も戦
中派も金を払ってでも行っておくべきところだ。だが驚いたことに入場無料!
スポンサーサイト

テーマ:戦車・装甲車・AFV  - ジャンル:趣味・実用

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/891-510123ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード