火薬御飯

Category :  NEWS
tag : 
軍艦島の愛称で有名な端島(はしま)炭鉱はその姿が当時の加賀型戦艦
「土佐」に似ていたためその名があるという。戦前に作られた人工島とそこ
に作られた建造物が百年近くも外洋の荒波や台風に曝されて尚 形を留め
現在に至ることこそ世界に誇るべき事実。王族や権力者が贅を尽くした王
宮や伽藍ではない。当時の人の営みがあり国力を支えた基幹産業の拠点。
【アオシマ・スカイネット】1/1400スケールハイスタンダード情景 軍艦島(端島) Gunkanjima (Battleship Island) Nagasaki Prefecture 「明治日本の産業革命遺産」世界文化遺産 国際記念物遺跡会議(イコモス)International Council on Monuments and Sites
さすがアオシマ!この日を見越して既にジオラマを作っていた!ウォーター
ラインのちょうど半分のスケールだが サンダーバード秘密基地かゼロテス
ター人工島指令基地を彷彿させる近未来感。だがこれは未来でも空想でも
なく戦前から現在まで実在する歴史的建造物。しかもこれは産業遺産。他
国を威嚇する軍事基地や恐怖に脅える城塞でもない。人民から絞り取った
血税で他国の領海に泥舟を作る東洋の何処かの大国とは全く趣が異なる。
「明治日本の産業革命遺産」軍艦島(端島) Gunkanjima (Battleship Island) Nagasaki Prefecture 世界文化遺産 国際記念物遺跡会議(イコモス)International Council on Monuments and Sites
明治から大正にかけて海軍も混燃缶から重油専焼缶に移行するが戦後の
傾斜生産方式による復興期まで石炭は重要なエネルギー源だった。採掘
コストから輸入原油に移行するに伴い1974年 端島炭鉱は閉山。江戸時代
に発見され文明開化から戦後復興期までわが国の基幹産業の一翼を担い
歴史を見守り続けた軍艦島こそ「日本の産業革命遺産」と呼ぶに相応しい。

我が国の輝かしい歴史と産業の発展を妬む近隣の後進国には日本の形だ
け真似たインフラ設備が完成前からヒビが入り歪んで崩落する御粗末極ま
りない「自称先進国」が多い。人工物はデザインや工法に凝るよりも製作者
の不断の努力とモラルに因る所が大きい。それはまさに我が国の歴史その
もの。世界が認める高度な精神性の結実した歴史を 下劣な貧者が羨むの
もまた歴史の必然。だが他人の遺産にケチを付けるとは正に盗人猛々しい。

韓国(北朝鮮)という朝鮮半島の後進国は戦前我が国の併合政策がなけれ
ば李氏朝鮮から逃れることはできなかった。この王朝は過度の儒教崇拝か
ら頑迷な身分制度と官僚主義が蔓延り政治が腐敗。産業や教育の発展が
遅れ経済も疲弊。20世紀に入っても漢陽(ソウル)は 道路も河川も排泄物
が溢れ「世界で最も不衛生な都市」と呼ばれていた。この点一つ取っても西
洋から潔癖症と揶揄される日本人とは正反対の国民性と言わざるを得ない。

韓国のおぞましい歴史は戦後も続く。「漢江の奇跡」を齎せたのはベトナム
戦争である。特需によりヒュンダイを含む多数の財閥が誕生。それだけなら
まだ良い。出兵した韓国軍の残虐非道はとても地上波で放送できるもので
はない。さらに朴槿惠が論う従軍慰安婦制度を朴槿惠の実父でベトナム戦
争を通じて大統領を務めた朴正煕が公然と管理。呆れたことに制度的に近
年まで存続し今だに人身売買や売春を日本を含む極東地域で横行させる。
韓国(米軍)従軍慰安婦 米国公文書 淪落 Prostitutes in South Korea for the U.S. military 미군 위안부大統領 パククネ朴槿惠 朴正煕
2015年4月パククネの狂奔に業を煮やした米国が公文書を公開。内政で
失策を続けセウォル号沈没や伝染病MERS蔓延の天罰を喰らうパククネ
に冷水を浴びせる。これで悪婆パククネの魂胆が白日に晒された。自らを
権力の座に伸し上げ韓国史上最悪の黒歴史を作った実父を糊塗するため
嘘とデマを並べる二枚舌の悪魔パククネは 更なる厄災を韓国国民に齎す。
スポンサーサイト

テーマ:世界遺産 国宝 遺跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.blog21.fc2.com/tb.php/945-aec55cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード